ぼくと佐智子

アクセスカウンタ

zoom RSS あきらとさちこ・・・2

<<   作成日時 : 2006/03/17 14:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 21

画像
習い始めの鶯が…ケキョケキョケキョと飛んで行きました。

あきらは来週月曜…卒業式。

佐智子と一緒に登校するのも…今日最後。

「さっちゃん!今日であっくんと行くのはおしまいやねえ。」

「あい〜あい。」…と、首振る佐智子。

「さびしいねえ。」…と、お父さん。

「あい〜あい。」…と、言って一人で笑う気まぐれ佐智子。

どこまで解っているのか…いないのか。

「佐智子は案外、何処でも生きれるかもね。」…と、お父さん。

あきらと佐智子は、三歳違い。

画像生まれた時から…そばにはあきら。

初めて行った海水浴も。

一緒に通った保育園、そして小学校と

そばにはあきらが居てくれた。

そのあきらも中学生。

桜と共に、新たな出会い。
画像


























・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

我が家は、お婆ちゃんが二人とも四十代で早く亡くなっていましたので、子供達はお婆ちゃんの味をしりません。近所に近い親戚もなく、広島から長崎、福岡、そして広島と転々としてきた家庭です。

夫婦二人と子供達だけで生活してきました。面倒を見てくれる人もなく、夫婦二人の共稼ぎですから、子供達は皆保育園育ちです。

佐智子は妻のお腹の中にいる時に、腸に異常があり腹水を飲まずに育ちました。生後四日目に腸の手術をしました。ですから、お腹には大きな傷跡が残っています。大腸は今でも正常な位置にはありません。心臓は自然に塞がりました。

そんな事が影響したのかどうか、他のダウンちゃんに比べても成長は決して早くはありません。公文も挑戦しましたが駄目でした。小学校へ入る時も、しゃべる事が殆ど出来ず、丸さえ書けませんでした。そのくせ我がままだけは一人前でした。

そんな扱いにくい佐智子を、毎日上手に学校へ連れて行ってくれたのが、あきらお兄ちゃんでした。

そのお陰もあって、佐智子は最近ぐんと成長が早くなってまいりました。佐智子が誰よりも感謝しなければならないのは、あきらお兄ちゃんなのです。
あきら、本当にありがとう。ご苦労様でした。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(21件)

内 容 ニックネーム/日時
あきら君卒業おめでとう!
中学に行ってもさっちゃんと仲良くね・・・。
兄弟って本当にいいですよね!
WA君パパ
URL
2006/03/17 19:08
◎WA君パパさん
ありがとうございます。あきらに「佐智子と一緒に行けなくなるけど、寂しい?」と聞きましたら、しばらく考えて「ちょっと」と応えました。
本当に兄弟、そして家族って大切ですよね。
さっちゃんパパ
2006/03/17 19:29
↑のコメントにホロッときました。あきら君はやさしいお兄ちゃんですね。私は3人姉妹ですが、女3人もいいものです。兄弟っていいなぁ〜 コウノトリさん運んできてぇ〜( ´△`)
まつ
2006/03/17 22:06
私もホロッときました。あきら君卒業おめでとう!さっちゃんのこと毎日学校に連れて行ったあきら兄ちゃん!頼りになる優しいあきら兄ちゃん!本当に兄弟っていいですね。さっちゃん、寂しいかもしれないけど通学がんばってね。
sato
URL
2006/03/17 23:18
あきらお兄ちゃん、優しくて頼もしいですね。中学生の男の子って、親にはちょっとぶっきらぼうになるのかな?でもさっちゃんに対しては優しく見守っていてくれそう。きょうだいって、いいですよね。うちにも5歳違いの兄妹がいるので、つい重ねて見てしまいます。
かみみ
URL
2006/03/17 23:39
◎まつさん
前にも書きましたが、兄弟はあった方がいいと言う意見はさっちゃんママの意見でした。今は、本当にそうだったのだと思ってます。そんな私の中になかった考えを彼女が僕に与えてくれたから…ムムム…ノロケになってきたので、この辺で。
さっちゃんパパ
2006/03/18 05:42
◎satoさん
子供に負担はかけまいと思っていても、やっぱりどこかで負担をかけてる事に負い目を感じる事もありますが、あきらの言葉に救われました。佐智子は、みんなに愛され幸せです。佐智子の頑張りをこれからも見守ってくださいね。ありがとうございました。
さっちゃんパパ
2006/03/18 05:46
◎かみみさん
そうですね。もう母さんには結構くってかかってますね。でも、基本的には優しい子です。よく佐智子を守ってくれたと思いますし、これからも守ってくれると思います。
さっちゃんパパ
2006/03/18 05:49
お兄ちゃん、卒業おめでとうございます。
そして、さっちゃんのナイト役お疲れ様でした。
ウチも、姉弟ですが見ててほっこりする事最近増えました。少し前の記事にも書いたのですが、ヒナが誰に言わされるでもなく、「ハルは大切な弟」ってギュッとハルの事を抱きしめたのでした。そしたら…ハルもヒナにギュッと手をまわしてました。私も、ヒナには負担と言うか我慢させてる事多いと思ってましたから、ヒナからこんな言葉が飛び出すなんて(*ノ-;*)感動でした。
mahiha
URL
2006/03/18 06:57
◎mahihaさん
本当にそうですね。あきらの上には二人のお姉ちゃんがいますが、そのお姉ちゃんの時と比べると、あきらには随分我慢が多かったと思います。でも、逆にその事があきらの人間らしさを育んだと思うと皮肉です。子供に教えられる今日この頃です。
さっちゃんパパ
2006/03/18 09:27
あきらくんの優しさが、ほんとに伝わってきます。さっちゃんパパさんの記事をみると、いつも思います。みんなで支えあって、あたたかい家庭だなぁ〜って。
兄弟・・・いいですね〜。
涼和pa&ma
2006/03/18 10:20
◎涼和pa&maさん
佐智子がみんなで支えあわなきゃならない環境を作ってくれてるんですね。兄妹は、いいですよ〜。私も妻も四人兄弟。是非、頑張って下さい。
さっちゃんパパ
2006/03/18 13:03
こんばんは。
あきらくん、ご卒業おめでとうございます。
遅ればせながらじっくり拝読させていただいちゃいました♪
パパさんの愛情がパソコンからあふれ出しそうです。。。
皆さんがパパさんに惹かれてコメントしてらっしゃるのがとってもよくわかります。

これからもどうぞよろしくお願いします。
tiisai-ningyo
URL
2006/03/18 19:37
◎tiisai-ningyoさん
よくお越しいただきました。大変、光栄です。パソコンも初心者で、どんなことになるのか解らないまま始めたブログです。先日、tiisai-ningyoさんのブログに伺って、とても感動しました。佐智子がすてぃっちちゃんのように、色々話す事が出来るようになれば、もっともっと楽しい物になると思います。拙いブログですが、今後とも宜しくお願い致します。
さっちゃんパパ
2006/03/18 19:56
あきらくん卒業おめでとう!さっちゃんばかりでなくあきらくんも寂しいだろうね〜。。。でもお互いこれから頑張んなくちゃ!ですね。応援してます。
そっくんパパ
2006/03/18 21:22
◎そっくんパパさん
あらっ!ママさんじゃなく、パパさんなんですね。ありがとうございます。そしてはじめまして。お美しく、お料理上手な奥様で、大変羨ましく思っております。応援有難うございます。今夜も私の部屋で佐智子と寝ていると、あきらがやってきて、佐智子に頬擦りしながらお休み言ってました。何かを感じているのでしょう。親として、とても嬉しいです。
さっちゃんパパ
2006/03/18 23:25
あきら君のご卒業おめでとうございます。
ひとつの節目ですね。あきら君はこれから自立の道を進むことと思います。我が家でも通った道ですが、山や谷を越えて行くことも多々あることでしょう。「あきら君、あなたの人生を楽しんでください!」とお伝えくださいませ。
兄弟ってステキで不思議な関係のようですよ。
ステキはお子さんお二人を育てているパパさん、ママさんはさらにステキです。おめでとうございます。
みのじ
2006/03/19 07:39
◎みのじさん
いらっしゃいませ。みのじさんのブログと違い、ドタバタ劇の毎日ですが、宜しくお願いします。妻も私も四人兄弟で育ちました。そして我が家も四人兄弟。兄弟から学ぶ事って多いように思いますね。良かったら、また、遊びに来てくださいね。
さっちゃんパパ
2006/03/19 09:44
ご卒業おめでとうございます。少しづつ、子供も親の手から離れて、自分の道を歩いていくのですね。まだまだ、ちいさい二人なので、実感としてわかりませんが、きっと淋しくうれしいものなのでしょうね。少しづつ変る家族の形が、私もkenの中でどのように受け入れられ、昇華されるのか。本当に、時間が止まってほしいなぁ〜って思うのですよ。でも容赦なく季節は過ぎて・・・気がつくと、4歳と6歳。
でも、まだまだのこの時期を、まずは思いっきり楽のしまないともったいないですよね。私にはちょっと切ない記事でした(笑)
huwa
2006/03/19 13:03
遅くなりましたが、あきらくん、ご卒業おめでとうございます。おにいちゃんの存在は、さっちゃんにとって、ある意味、親よりも大きなものだったかもしれませんね。今まで一番近くにいてくれたお兄ちゃんが、新しい世界へと飛び立ち、さっちゃんは、ちょっとさびしいですね。でも、ちょうど、さっちゃんが、学校にも慣れ、いろんな意味で「自立」(といってよいのかな?)の準備ができてきた、いい時期に、お兄ちゃんが離れていくのかもしれないなーとも思います。これからさっちゃんもまた新しいステップを踏んでいくんですね。頑張れ、さっちゃん!
かめ
2006/03/19 14:51
◎huwaさん
ありがとうございます。子供が大きくなるのはアッと言う間ですよ。だから、一瞬一瞬見逃さないようにしたいですね。子供が大きくなった分、こちらは枯れ木になってるのですが(苦笑)

◎カメさん
ありがとうございます。あきらが居なかったら、本当に大変だったと思います。佐智子には、まだ事情が理解できてないですから、どこ吹く風みたいにしています。四月になったら「アレッ」と思うのかも知れません。
さっちゃんパパ
2006/03/19 17:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
あきらとさちこ・・・2 ぼくと佐智子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる