ぼくと佐智子

アクセスカウンタ

zoom RSS ミステリアス佐智子

<<   作成日時 : 2006/03/23 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

今日と明日まで三年生。

佐智子は一人で学校へ

佐智子を見送る父さん母さん。

ポツリと母さん「不思議なねえ」

「何が」と、父さん聞き返す。

「佐智子があきらのことを気にせんのんよ。
前は『あっくん!!行こうよう』とか、
あきらより先に玄関を出て
『バイバイキーン』とか、
あきらに言ってたのに、全然普通に出て行きよる。」

父さん「ふ〜ん、不思議やなあ。なんか解るんやろか?」

まるで覚悟をしたかのように、あきらのことを気にしない。

もっと寂しがるかと思っておりました。

戸惑い、不安になるかと思っておりました。

不思議な思いで、佐智子を見送る父さん母さん。


仕事を終えて帰ってきたら、

母さんデジカメ持って出迎えた。

いきなり、画面を見せてこう言った。

「父さんが安心すると想って撮ったんよ。」
それは佐智子がみんなと一緒に帰るとこ

同じマンション住んでる仲良しと

楽しく一緒に帰るとこ

みんなに囲まれ嬉しそう

「さっちゃん、さっちゃん、五たす三たす七は?」と男の子。

もちろん、佐智子にゃ解らない。

けれども、みんなに囲まれ佐智子は嬉しい。

訳の解らぬ事言いながら、楽しく帰る佐智子の笑顔。

「こんな調子で毎日帰れるといいねえ。」とお母さん。

うんうん・・・黙って頷くお父さん。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ダウンちゃんは、痛感が鈍いと聞いた事がありますが、悲しみや苦しみも感じにくいのだろうかと思ってしまいました。

もし、そうならば、これは神様がくれたプレゼントなのかも知れません。

そうでなければ、実は総ての事を理解して、覚悟を決めての行動なのかとも思ってしまいました。
正にミステリアス佐智子であります。

佐智子が通う小学校では、佐智子は普通学級で授業を一緒に受ける事が出来ません。でも、今の状態ならどうなのだろうかと思ってしまいます。一度、先生に相談してみようかと思っています。

改めて、自分のブログを見直すと、今年に入ってからの佐智子の成長は目覚しいと思います。先ずは弱かった脚力がぐっと逞しくなった事。読む事にとても興味を持ち始めた事。顔つきまで変わってきたように思います。

小学校へ入ってからの二年間は、歩くのだけでも大変でしたから、みんなよりも遅れて、あきらお兄ちゃんと二人で登校する事が多かった。

けれども、三年生になると登校班が男女別になった為、佐智子はお兄ちゃんとは離れ、上級生の女の子に手を引かれて登校するようになりました。

そして、六年生が卒業した今朝は、一つ年上の女の子に手を引かれて登校しました。最初は大きなお姉ちゃんに手を引かれる幼い子と言う感じだったのが、今では二人仲良く、お手手つないでと言う雰囲気になりました。

佐智子の場合、総ての事が、佐智子が無事飛び立てるように、佐智子の周りで動いているように思えてなりません。

総ての事に感謝です。総ての方に感謝です。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
さっちゃんお友達と一緒に帰宅できて
楽しそう♪まわりのお友達もきっとやさしい子なんでしょうね〜純粋で綺麗な心のさっちゃん
だからみんなに愛されて幸せ♪
りんりんもそのうちお友達と帰宅とかできるのかなぁ??
りんりん
2006/03/24 12:19
笑顔だと嬉しいですよね。いつもそんな笑顔を見ていたいですね。お友達に囲まれて楽しいんだろうなーぁ。。。
そっくんママ
2006/03/24 16:04
修了式の今日、学校からの荷物が多くて、うちの子も私の知らない5年生のお姉さんに荷物を持ってもらい下校してきました。
体が小さかったり、歩くのが遅かったり、そんな様子を見て、よろこんで手を貸してくれたようでした。すてぃっちのふざけた言葉を「かわいい」と言ってくれて。
ありがとうって心から思いましたよ♪
私にできることは、その感謝する気持ちを忘れないで 他の誰かが困っていた時に力が貸せるように自分の精神的体力をつけておこ〜って思うことです、さっちゃんパパさんもたいに。
tiisai-ningo
URL
2006/03/24 19:41
◎りんりんさん
何が嬉しいと言っても、佐智子が笑顔で友達に囲まれてるのを見るのが一番嬉しいですね。
りんりんも必ずなりますよ。佐智子も、最初はどうなる事かと思っていましたが、少しずつ少しずつできるようになったのですから・・・。最後は、我が子の力を信じてあげる事が一番大事なのかも知れませんね。
さっちゃんパパ
2006/03/24 22:07
◎そっくんママ
以前、記事にも書きましたが、私は佐智子に教えられるのは笑顔だと思っています。笑顔が最大最高の佐智子の魅力になることを願っています。そうすれば、必ず回りに人が集まり、佐智子をぐるっと囲んでくれると思ったからです。そっくんも笑顔最高だから、きっと沢山の友達が出来ますよ。私も一緒に願います。
さっちゃんパパ
2006/03/24 22:11
◎tiisai-ningoさん
そうですよねえ。この歳になって、他人様、それも子供達の優しさが、これほど有り難く想える事は、正に感謝ですよね。優しさを頂いた、周囲の方へ、そして、有り難く思わせてくれた我が子への感謝ですよね。tiisai-ningoさんは、既に充分に人助けをされてますよ。あなたのブログで気持ちが救われた方は多いと思いますよ。私は昔から、黙ってみている事の出来ない性格なだけなのです。おっちょこちょいの慌て者で、さっちゃんママにはいつも叱られてばかりなのですよ。
さっちゃんパパ
2006/03/24 22:17
私は、総ての事を理解して〜ってそうなんだと思います。表出する部分が少ないから、そう見えるだけで。家族の形態が変る時、そのストレスで結構大変っていわれていますよね。でも、ちゃんとさっちゃんは理解されているのでしょう。きっと、ものすごく淋しい思いが心の中にたまっても、分かっているからいつも通りなんだと思います。それにしても、周りにはいいお友達がたくさんですね。さっちゃんの周りに集まってくる。それこそがさちゃんの魅力のあらわれなのかもしれませんね。うちも、そんな魅力のある子に育ってくれるかなぁ〜。お仕事大変ですね。ブログもご無理されずに。
huwa
2006/03/26 11:55
◎huwaさん
理解してくれてるんですかねえ。どちらにしても、環境の変化に対応できるようになってくれる事は、とても嬉しいことです。
佐智子は、ひょうきんですからね。結構、面白いこともしますので、それが好かれる要因かもしれません。その遺伝子は、もちろん、私、さっちゃんパパでございます。
さっちゃんパパ
2006/03/26 21:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ミステリアス佐智子 ぼくと佐智子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる