ぼくと佐智子

アクセスカウンタ

zoom RSS おやすみ・・・さっちゃん2 ごめんね編

<<   作成日時 : 2006/03/04 21:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

画像
まつさん、カメさん、みのじさん、あちこち巡っていた時に

トントン、ドアをノックする。

あの音、きっとさっちゃんだ。

ゆっくりドアが開いたら、ゆっくりにっこりさっちゃん笑う。

「さっちゃん、な〜に?どうしたん?」

「おっぱい、おっぱい」言いながら、佐智子が部屋にやって来た。

「おっぱい」言うのは、最近佐智子のマイブーム。

どうして言うのか解らない。困った癖がついちゃった。

「さっちゃん、ちょっと待っといて。」

佐智子は座る、父さんの椅子。

そのまま、しばらくたった時

佐智子の声がおさまった。

見れば、すやすやおねんね佐智子

あ〜悪かった、悪かった。

さっちゃん、ネンネがしたかった。

明日は必ずしてあげる。

創作童話に桃太郎。

歌は、でんでん虫からチューリップ。

ごめんね、さっちゃん。おやすみなさい。

いつまで続く、指しゃぶり。

ファーストキッスはお父さん。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

佐智子の寝かたは、面白いのです。椅子の上に胡座をかいて、そのままうつ伏せに寝ています。この格好で寝る事が多い佐智子なのです。

ダウンの子はおとなしく、あまり要求をして来ません。おとなしくしているからと、ほおっておくことは、出来るだけ避けています。

私の妻は、看護師で、以前訪問看護をしていました。寝たきりも認知症も家族との関わりが少ないのが、大きな誘因と言います。

今と違い、差別や偏見の多かった時代、障害のある人を家から外に出さないこともあったと言います。そうすると、余計に刺激がなく、知的な遅れは進むばかりだったと思います。

もちろん、私は医師でも専門家でもないから、素人考えですが、出来るだけ話かけをしてあげる事は大事だと考えます。それと出来るだけ運動をさせる事が大事だと思います。身体の筋肉の動きは全て脳への刺激になります。ところが、ダウンちゃんは筋力が弱い。と、言う事は、普通の人より脳への刺激が少ないのかもしれない。だとすれば、家の中に閉じこもり、運動させない、他者との関わりを持たなければ、遅れは進むばかりだったのではないでしょうか。

前にご紹介した「Yukaのオモチャ箱」を早く知れば良かったと、残念でなりません。
知らない私が佐智子にしてきた事は、佐智子が理解できるかどうかは関係なく、佐智子の目を見て沢山お話しをしてあげたり、戦いごっこや相撲などをして遊ばせたり、とにかく刺激になると思うことを自分なりにやってきました。

その成果が今の佐智子なのです。

…だから「今夜はごめんね、さっちゃん。」なのです。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
ウチもです。携帯電話のようにぱたっと二つ折りになって寝ています。真っ直ぐになおしても、むくっと起きてお座りしなおしてから、また二つ折り...┐(-。ー;)┌ヤレヤレ 
これって、一生ものでしょうか???
まつ
2006/03/04 22:48
◎まつさん
そうですか!不思議ですよね。よくあの格好で眠れるなと思います。佐智子は十二指腸が癒着して、母さんのお腹の中で羊水が飲めませんでした。時々、その頃に帰って、母さんのお腹の中にいる夢見てるのかなと思ったりします。
さっちゃんパパ
2006/03/05 00:07
かわいい寝顔。すっごく気持ちよさそう。★何の夢みてるんだろーぉ。さっちゃん、おやすみ。。。
そっくんママ
2006/03/05 00:19
さっちゃんの寝顔、ほんとかわいい!
さっちゃんパパさんの、詩のような前半部分は、私にも、子守歌のようにリズムとともに入ってきます。
こんなパパさんがさっちゃんに話しかけたり体を使って遊んだりしてきたこと、いっぱいいっぱいさっちゃんの中に蓄積されているんじゃないかな。必ずしも「おもちゃ」を使わなくても、きっと十分刺激になってきたと思います。
そんなパパのそばで安心して眠っちゃったのね・・
(あー、うちも二つ折り寝、よくやってます。ダウンの子の親以外には、よく驚かれますね。)
カメ
2006/03/05 06:06
◎そっくんママ
子供の寝顔をみると、妙に安心します。そして、親としての決意も湧いてきますね。

◎カメさん
ありがとうございます。私が佐智子に語りかける童話は、毎回殆ど同じ内容、同じリズムで話していました。佐智子が覚えるのではないかと思い、そうしました。だから中身は全くありません。この頃は、掛け合い漫才のようになったり、逆に佐智子が話してくれたり、二人で遊びながらの布団の中です。とても楽とは思えない寝かたですけどね。面白いですよね。
さっちゃんパパ
2006/03/05 07:19
可愛い寝顔ですね!
お二人で働いていて大変ですね!
WA君パパ
URL
2006/03/05 13:45
◎WA君パパさん
よくぞ言ってくださった。本当に大変なんです。結婚した時には両方の母親は既に此の世になく、父親だけしかいませんでした。子供を預けるわけにもいかず、二人で助け合わなきゃならない環境だったのです。まもなく妻の父も亡くなり、そうこうしてるうちに一人身の叔母、私の父親が相次いで癌に倒れ、私達というより妻が看てくれました。だから、妻には本当に感謝しています。うちの子はお婆ちゃんを知りません。だから、お婆ちゃんの居る家は羨ましいですね。昨夜はゆっくりお休みになれましたか?
さっちゃんパパ
2006/03/05 19:11
コメントありがとうございました
初めてのプログ書き込みです
さっちゃんパパさんみたいなプログいつか作れるように頑張ります
リンクしてもらいありがとうございます
さっちゃんの写真もっともっと沢山みたいなぁ
赤ちゃんの頃から〜♪


りんりん
2006/03/05 21:05
◎りんりんさん
ようこそ♪いらっしゃいませませ。今日から、皆さんのお友達ですよ。心強いお仲間が揃ってますから、一緒に色んな事を考えましょうね。
赤ちゃんの写真は、一枚だけ最初の頃に掲載していると思います。2005年12月か2006年1月をクリックしてみてくださいね。
さっちゃんパパ
2006/03/05 21:43
私も現在のダウン症のお子さん達は、一昔前の子達に比べるとシッカリしているのでは?と思います。さっちゃんパパの考える理由と同じです。まだまだ満足のいく世の中ではないけれど、少しずつ少しずつ「障害の枠」は広がりつつあるのかな。
かのママ☆
2006/03/06 21:15
◎かのママ☆
そう思います。佐智子も何がどこまで出来るようになるのか解りません。その可能性の芽を摘まないようにしたいです。お互いに頑張っていきましょうね。
さっちゃんパパ
2006/03/07 03:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
おやすみ・・・さっちゃん2 ごめんね編 ぼくと佐智子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる