ぼくと佐智子

アクセスカウンタ

zoom RSS ビシッ・・・と。

<<   作成日時 : 2006/05/24 22:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

画像





夕方、早めに仕事が終わり

「母さん!運動行ってくるけえ。」・・・と、お父さん。

玄関で靴を履いてるその時に

トトトトトっと、佐智子ちゃん。

玄関先に座り込み・・・一緒に出たいと上目遣い。

そう言えば・・・この頃佐智子は運動不足。

「さっちゃん!父さんと公園に行く?」・・・と、お父さん。

一時間ほど付き合って、それから筋トレ行きましょう。

佐智子は、コックリ頷いて、ニコニコ笑って靴を履く。

ルンルン気分で外へ出た。

けれども、佐智子の行く道・・・違います。

「さっちゃん、何処行くんね。」・・・と、お父さん。

「父さん、くうま。」・・・ハンドル真似する佐智子ちゃん。

「なんね!父さんと、どっか行くんね?」・・・と、お父さん。

「父さん、くうま。父さん、くうま。」・・・と、佐智子ちゃん。

暫く、父さん考えて、仕方ないかと諦めた。

「母さん、佐智子が出たがるけ、買い物に連れて行くわ。帰ってから運動いくわ。」・・・と、お父さん。

「今から、佐智子が出たら黙って帰るもんね。暗くなったら『ごわん、ごわん』言うのは決まっとるやないね。」・・・と、お母さん。

「どうかのう?大丈夫やろう。」・・・と、お父さん。

「知らんよ。」・・・と、冷たいさっちゃんママ。



佐智子は嬉しそうに乗りました。

車が国道出た時に、いつもと逆を走ったら

佐智子がファミレス指差して

「あっち、あっち」と駄々こねる。

オイオイ、もうかよ佐智子ちゃん。

「あんた、今何時や思うとるんね。ご飯はないよ!」・・・と、お父さん。

モ○バーガーを見つけたら指差して

和食屋さんも指差して

食べ物屋さんだけ・・・すぐに覚える佐智子ちゃん。


「あんた、いい加減にしいよ。ご飯はな〜い!」・・・と、お父さん。

「おばさまん、オイオイオイ」・・・訳の解らぬゴマする佐智子。

「そんな事、言うても駄目!!」・・・と、お父さん。



途中、事の次第を携帯電話でさっちゃんママに伝えます。

「なんだったら、さっちゃんと食べて帰ったら?」・・・と、お母さん。

「そんなん甘やかしたらいけん。厳しくせにゃあ。」・・・と、お父さん。

「厳しく出来るんね?」・・・と、お母さん。

「当たり前ようのう。ビシッとやるけえ。ビシッと。」・・・と、お父さん。

「ハイ、ハイ、ビシッとね。頼むよ。」・・・と、お母さん。







それから、父さん買い物終わり

佐智子と帰るその途中

やっぱり寄った中華屋さん


父さん・・・沈没。
画像





















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここの中華料理屋さんとは十年近くお付き合いをしています。人の良い中国人のご夫婦で、お二人のお譲ちゃんがいます。今日は、たまたま二人ともお店に下りていて、二人が佐智子をじっと見てるので、手招きして呼びました。
聞いてみれば、二年生と三年生。とっても可愛い女の子。佐智子に自己紹介をさせました。二人のお名前も佐智子に聞かせました。
「もう四年生だけどね、お勉強は遅れてるんだよ。ダウン症って言ってね、優しい心がいっぱいで生まれた子なんだよ。可愛いだろ?」と話をすると「あたし達の学校の、タンポポにも居るよ。」と言ってくれました。タンポポとは特学の事です。
二人は佐智子に握手をしてくれました。帰りには二人が佐智子に向かって「また、食べに来てねえ。」と言い、佐智子は二人に向かって投げキッス。少し距離が縮まったようでした。
この間、仕事に佐智子を同行させた時にも思ったのですが、佐智子を知っている人を身近にもっと増やそうと思い始めてます。色んな事を考えても、そうしようと思ってます。ブログの皆さんだけでなく、色んな人に可愛い佐智子を知って貰おうと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
多分、我が家のパパも千歩にはそんな感じになるんだろうなぁ〜♪(今からその前兆は見えてますと)思わず「プフ」と吹き出してしまいました。
ダウン症児を受け入れてもらえる社会を作るにはまず、自分の周りから始めないといけないかなと思っています。千歩を赤ちゃんの頃から可愛がってもらおうと思い、息子のお友達関係には話しています(^^) まだまだ赤ちゃんなので一緒に成長を喜んで貰えてるみたいです。自分達の住む地域にダウン症児が居る事を知って共存してもらいたい…そう思います。
eikomanma
2006/05/24 23:18
◎eikomanmaさん
きっと、こんな感じに・・・もしかしたら、これ以上になりますよ。
ダウンちゃんの本当の姿を知って貰うだけで、全然違ってくると思います。それに佐智子と言う女の子が居る事を一人でも知って貰う事が、佐智子だけでなく他のダウンちゃんの為にもなると思うんです。eikomanmaさん、一緒に頑張りましょうね。
さっちゃんパパ
2006/05/24 23:33
こんばんは。さっちゃんパパさんの意見、大賛成です!先日、ヒナの幼稚園で保育参観&学級懇談会があって、ハルがダウン症である事話してきました。幼稚園が始まって約2ヵ月。ハルの通園もあり、ハルが幼稚園に一緒に行くのは火木だけ。「あれ?今日は下の子は?」って話す機会があったママには話してましたが…きっと、中には「あれ?」って思っても、言い出せずにいる方もいるんだろうな…って思って、いい機会だからサラッと話してきました。ヒナの事を話すのにサラッとハルの事を付け加えただけですが…
ハルの事、ダウン症の事、偏見なく少しでも多くの方に正しく知ってもらいたい!そう思います。
私の力でどこまで出来るかわかりませんが…ご近所の次は幼稚園!少しずつハルの事を知ってもらおうと思います。ハルの大好きがもっともっといっぱいになるように…
mahiha
URL
2006/05/25 01:12
パパさん、あえなく沈没・・・きっと、ママさんには、わかっていたのでしょうね。ママさんとの会話、いつもくすっと笑ってしまいます。
でも、またいい触れ合いがあって、今回の「沈没」も収穫がありましたね。そんなふうに、さらっと自然にお話してあげると、子どもたちもわかってくれるんですね。「優しい心がいっぱいで生まれた子」という説明、とてもいいですね。大人にはサラッと言えるようになってきた私ですが、子どもにはどう説明していいか、戸惑う時もあったので、とても参考になりました。
カメ
2006/05/25 05:29
◎mahihaさん
なかには抵抗があったり、出来ない方もあると思います。それはそれで構わないと思います。私やmahihaさんのように、積極的に出来る者はすすんでアピールして行けばいいと思います。
今は、それが「ぼくと佐智子」の役割かなと思ってもいるんですよ。一緒に頑張りましょう!!!
さっちゃんパパ
2006/05/25 06:48
◎カメさん
はい!!所詮、私は手の平の上の孫悟空みたいなものでございます。
こんな時、黙ったままで別れると、次第に気まずくなる場合もあると思うんです。この子達もダウンちゃんには興味を持ってたんでしょうが、直接触れ合ったり お話しをするチャンスがなかっただけだと思うんです。話してみれば、触れ合ってみれば、こんなに可愛い子供なんだと言う事さえ知って貰えれば、それで充分満足です。今後も頑張りま〜す!
さっちゃんパパ
2006/05/25 06:54
さっちゃんパパさん、やっぱりさっちゃんママの感にはかないませんね^^。
それにしても、さっちゃんの方が一枚も二枚も上手ですね。微笑ましい光景です。
実は、家の旦那さんは将来、回っていないおすし屋さんに光陽と飲みに行く事を楽しみにしているのです。飲んだくれて、お姉ちゃんにお迎え来てもらうそうです。
そう思うと、さっちゃんパパは幸せ者かな?って思いますね。
ダウン症児の理解。簡単なようで難しいようにも思うことですね。小さな積み重ねが大きな華となってこの子達がすこしでも過ごしやすい社会になってくれるといいですね。私も少しずつ、近所さん、お兄ちゃん・おねえちゃんの親御さんに話をしてがんばっていきます!

さっちゃんパパさんの日記は更新欄にのらないのでお気に入りに入れてこれから毎日チェックさせていただきますね^^
ささ
2006/05/25 18:25
◎さささん
有難う御座います。お友達のかおりさん(ミクママさん)のは、更新欄にのってますので、方法はあるのかも知れませんね。ちょっと調べてみます。
さっちゃんパパ
2006/05/25 20:24
さっちゃんパパさん!!
今回の、記事タイトルは『ビシッ・・・と』!!だから、てっきりビシッと決め込む、さっちゃんパパさんを想定して、読んでいたのに・・・。
やっぱり負けちゃったのですね〜。
でも、中華屋さんでの、素敵なお話・・・
なんだかちょっぴり勇気がわいてきました。

涼和pa&ma
2006/05/25 21:59
◎涼和pa&maさん
さっちゃんママ曰く「佐智子は父さんの弱みを、よう知っとる。」そうでございます。
佐智子の訴えるような目には弱いのであります。チョイ悪佐智子に翻弄される、駄目パパですいません。ビシッとは、さっちゃんママに任せます。
さっちゃんパパ
2006/05/25 23:38
いつも思うんですが、さっちゃんパパさんとママさんの会話がかっこいい!! 広島弁がすごくかっこいいです(^o^)丿 なぜか、菅原文太さんを頭に浮かべてしまうのですが....

ママさんは、なんでもお見通しなんですね!お釈迦様みたいですぅ〜(^_^)

まつ
2006/05/26 09:30
◎まつさん
ありがとうございます。是非、そのまま菅原文太さんを思い浮かべておいてくださいませ。私の生まれは北九州の八幡。隣の小倉は無法松、向かいの若松は花と竜、南の飯塚は青春の門。そして高校の大先輩が高倉健。今、住んでいる所が仁義なき戦いの広島です。そんな環境に生きてきた野性の猿が、尾道生まれのお釈迦様に人の心を植え付けられた。いわば、そんな夫婦でございます。猿は猿なりに、一本筋が通っておりますけえ。これからも、よろしゅう頼みます。
さっちゃんパパ
2006/05/26 18:54
はじめまして。出張中におじゃましてごめんなさい。
私にも7歳のダウン症の子がいます。いろんな人にわかってもらおうとして行き詰ってしまった事があるので、なんとなく子供を自分の手元に抱え込んでしまっているような感のある私です。
でも、この記事を読んで大きく同感です!
どんどん外に出て行かなくちゃと思いました。
この記事に出会えてよかったです。またおじゃまさせてください。
もしよろしければ、リンク集に書かせてくださいね。
riedepp
URL
2006/08/04 22:49
◎riedeppさん
こちらこそ、出会えてよかったです。
出張中、皆さんのコメントが私の携帯に入ってきました。その中に、初めての方があるのを見た時は、余計に嬉しかったものでした。落ち着いてから、お伺いしますので宜しくお願いします。リンクは相互リンクさせて下さいね。これから、末永いお付き合いをお願いします。
さっちゃんパパ
2006/08/08 00:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ビシッ・・・と。 ぼくと佐智子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる