ぼくと佐智子

アクセスカウンタ

zoom RSS さっちゃん事件簿たんぽぽファイル2

<<   作成日時 : 2006/06/30 21:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

画像

皆様、沢山のお祝いのメッセージありがとうございました。

ところが、ところがなのでございます。

またもや事件が・・・起きました。






まずは、順序よく、ご説明せねばなりません。

最近、私のブログは、後からゆっくり書いてます。

何かがあった時は、とりあえずその事を楽しんで

翌日以降にゆっくり省みながら更新しています。



その事件があったのは

佐智子が野外学習から帰った翌日でした。

そうです。その日は・・・可愛い佐智子の誕生日。



皆はリビング・・・私は部屋で仕事中。

「お〜い!!さっちゃんの誕生日、まだ、せんのう?」と、お父さん。

すると、さっちゃんママがやって来た。

「父さん、これ見てごらん。」・・・と、さっちゃんママ。

それは、さっちゃん事件簿「たんぽぽファイル



画像






なにか胸騒ぎを感じつつ、開いてびっくりさっちゃんパパ。

『今朝、さちこさんが一緒に登校している班の四年生から、さちこさんが○○さんを(ケガはなかったようですが)傘でついた(?)と話を聞きました。みんなの話をあわせると「○○しちゃダメ」「○○しなさい」などと注意すると「うるさい」と言って、肘鉄(?)のようなことを時々していて、今日はたまたま傘をもっていたので、そのようになったようでした。登校班の子供達には(注意の仕方について)△△先生から、さちこさんには◇◇先生から話をして貰いました。肘鉄「うるさい」は×、ハイはいいと言いましたが・・・。』

画像



そうなんです。

佐智子がお友達を傘でつついたようなんです。

それ見た父さん、佐智子を部屋に呼びました。

「さっちゃん?今日、お友達を傘でツンツンしたんね。」

ポカンとしている佐智子ちゃん。


画像




両手で佐智子の頭をしっかり押さえ、目と目を合わせて

「お友達に悪い事しちゃあ、いけんのんよ。」と、さっちゃんパパ。

「あ〜い。」・・・解っていない、佐智子ちゃん。

「その時、言わにゃあ解らんよのお。」・・・と、さっちゃんパパ。

「怒る時は、もっとビシッと怒らにゃあいけんねえ。」と、さっちゃんママ。

「そうやのう。でも、俺が怒ると、コイツこたえるんやっ。」と、さっちゃんパパ。

「明日の朝、登校班の子に誤っといての。」・・・と、さっちゃんパパ。

「うん、わかった!ケーキしようかあ。」・・・と、さっちゃんママ。

父さん、母さん・・・複雑気分のハッピーバースデー♪

佐智子はいつもの・・・ハピバスデー♪



画像





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつもは、優しい可愛い佐智子ですが、自分の拘る事には頑固なんです。きっと、何かに注意を惹かれ、皆に遅れる事でもあったのでしょう。そんな時、皆に注意されたことが気に入らなかったのだと思います。
もしかすると、お友達が、ちょっと道を外れたり、わき見をするのを真似っこしたかったのかも知れません。他の子のように、一度に色んな事に気づいたり、行動が素早ければ、列を乱したり遅れる事もないのでしょうが、おそらくは、そんな事が原因だと考えています。
言葉の理解が遅いため、お友達の言う事も理解できず、お友達も佐智子の言う事が解りません。佐智子が傘を振り回したとしたら、お友達はきっと怖かったかも知れません。大変申し訳なく思います。せっかく、良くしてくれているのに。
これもひとつの課題です。他の事と同じように、時間をかけて出来るようにしたいと思います。
さっちゃんママは、昨日も今日も、登校班のお友達に佐智子の事を謝ったり頼んだりしてました。佐智子と言えば、いつもと変わらぬマイペース。佐智子はダウンちゃんのわりには力が強く、一人が平気で決して群れを作ろうとしません。きっとこれは、私の遺伝子を受け継いでいるのだと思います。
人様の思いやりや優しさは求めるものではないだけに、佐智子が社会にすんなり溶け込めるためにも、ひとつの課題が出来ました。笑顔と共に教えて行かねばなりません。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
あ、私お祝い言ってなかった(>_<) 
さっちゃんお誕生日おめでとうございました。
ちょっと複雑な10歳のスタートだったのですね。
色んな事が ゆっくり・・・この写真の『20キロ以下』がなんだかピッタリとハマっています。
RYOも強さの加減が分かりません。嬉しいと 腕や足をブンブン振り回します。
それを 押さえ込むのは RYOに喜びの表現をやめろと言っているようで 周りの人に 「当たらないように気を付けて。これは嬉しいの表現なの」と伝えています。
さっちゃんもRYOも まだ色んな事を他の人に伝える手段や言葉を持っていないので 自分で出来る事で伝えようとしてしまうのでしょうね。
20キロ以下でユックリ 『してはいけないこと』教えていかなくてはいけませんね。
それが 人の痛みを知ることにもつながるのでしょうから。先生方の対応 なかなかですね!


may
2006/06/30 23:24
お誕生日おめでとうございます。
素晴らしい1年が過ごせますように\(^o^)/
子供が成長してくるとこういう事件が起きてきますね。これは健常障害児の差はないかもしれませんが言いたいことを言葉に出来ないというのは障害児ちゃんには多いと思います。
ウチの次男は全く言葉がないので感情を思いっきり態度で表現します。自分が歯がゆくてどうしようもなくなるんでしょうね、言葉がないから号泣しながら床にガンガン頭をぶつけたり、自分をすごい勢いで叩いたり、私の腕に震えるぐらい噛み付いたりします。可哀想で心が締め付けられるくらい苦しくなります。
いつか子供が心の感情を上手く表現できるようになるまではさっちゃんパパさんやママさんがしているような人との関係を繋ぐフォローが必要なんだと思います。
m-neko
2006/07/01 00:07
◎mayさん
なるほど、そう言われてみれば20K以下ですね。
私も、出来るだけ佐智子を押さえ込まないように育てて来ているのですが、社会性を養うためには我慢も必要なので、これから少しずつ教えていきたいと思います。丁度、10歳の誕生日と言う事も、因縁めいた物を感じます。叱ると、すぐに目に涙をためて「ごめんなさい」を言うのですが、五分もせずにケラケラしているんですよ。
さっちゃんパパ
2006/07/01 09:28
◎m-nekoさん
ほんとうに、何でも話せたらと思いますよね。
この子達の想いをしっかりと受け止められるのは、今は、親しかいないのかも知れません。でも、少しずつ想いが伝えられるようにしてあげたいと思います。
次男君の体調の事やお仕事の事で大変でしょうが、m-nekoさんも体調に気をつけて頑張ってくださいね。
さっちゃんパパ
2006/07/01 09:34
♪お誕生日おめでとうございます♪
ただでさえ気持ちを伝えるは難しいのに、伝える術を持たない者にとっては悔しい、辛い思いをするのでしょうね…。それが、我が娘であれば言葉では言い表せない気持ちです。
3〜4歳頃まではお兄ちゃんも言葉が遅く、お友達に言い負かされて叩いたり、噛み付いたりで、保育園へお迎えに行くと「今日は○○ちゃんを…」と保育士さんに報告を受け、お詫びの電話を親御さんへ入れていたのを思い出しました。今では達者で言い負かされる程になってしまいましたが(^^;
千歩の十年後を思い、胸が苦しくなってしまいました。が現実は現実として受け入れなくてはと思える様にもなりました(少しは成長したやろう?!)。
我が家でもお姫様扱いの娘ですが、駄目なものはダメ!を教えて行かなければ★と思います。
eikomanma
2006/07/01 11:26
さっちゃんはピンクのランドセルなんですね^^
女の子はピンクに憧れますよね。

伝えたい事が伝わらないもどかしさは、大人にもありますよね。いつもいつも、やさしいさっちゃんなんだけどやっぱり伝わらないイライラ見たいなのがいっぱいになってしまっての行動だったんでしょうね〜。
さっちゃんママさんが、朝、登校班の子におねがいをしに行く事が素晴らしいと思います。
そういう親の姿を何気なしにみていれば、さっちゃんにも絶対伝わりますよ!
光陽もこれからです!
かわいいだけでは、社会に出て行けませんもんね^^;
ささ
2006/07/01 12:43
◎eikomanmaさん
本当に、ずいぶんと肝っ玉母さんに成ってきましたねえ。ち〜たん♪も心強い事だと思いますよ。
何事もすんなり行かないから、人生は面白いわけで、これからどうやって佐智子に教えて行くか思案のしどころです。私が叱ると、結構迫力があるので、佐智子が心を閉ざさないかと心配してるのです。ゆっくりゆっくり、諭しながら教えるつもりです。
さっちゃんパパ
2006/07/01 13:11
◎さささん
色の中では、ピンクが一番佐智子に似合うんです。ですから我が家ではピンクは佐智子カラーになってます。
普段の登校時を見ても、佐智子の同級生くらいになるとお喋りのスピードは半端ではありません。佐智子は、その会話の中に入れる訳でもなく、ただ一緒に歩いて行くだけです。日頃から「もっと話が出来たらなあ。」と思っていた矢先だったのです。
でも、こんな事も勉強です。佐智子も勉強なら、周りの子にも佐智子をもっと知るキッカケになったかも知れません。そうして互いの距離が少しでも縮まればと思っています。
さっちゃんパパ
2006/07/01 13:17
うちでも、頑固なところが相当あって、「ダメ」などと言われると、かえってムキになって、絶対言うこと聞かないのですが、ちょっと口調を変えたり、おだてるような言い方をすると、案外さらっと気分を変えてくれますが、外では、いつもおだてながら・・というわけにもいかないし、大人が相手ならともかく、同じ年齢ぐらいのお友だちの間ではそれは通用しませんものね。これから、同じような課題にぶつかっていくのだろうな、と思います。
でも、さっちゃんパパとママが、さっちゃんを温かく見守りつつ、いろんな働きかけをしていくことで、きっと何かを感じていってくれるでしょうね。これからのさっちゃんの成長が楽しみです。
カメ
2006/07/02 06:36
はじめまして♪
比婆猿(ヒバゴン)と申します。
佐智子ちゃんのお父さんとはスポーツセンタで知り合いました。
今日「ぼくと佐智子」のブログのことを聞きました。
早速訪問させていただきました。
お父さんのたくましい筋肉に憧れてヒバゴンも鍛えていますがなかなか成果は直ぐには出てきません。
「継続は力なり」「結果は後から着いてくる」で頑張っています。

さっちゃん誕生日おめでとう!
さっちゃんのお父さんは、さっちゃんのことが大好きなのですネ。
また遊びにきます。
hibagon2のブログにも遊びに来てください。
ヒバゴン
2006/07/02 20:17
◎カメさん
そうなんですよ。その通りです。あんまり、頭ごなしに言うと、却って頑なになるところがあります。カメさんの言うように、ちょっと柔らかく言ったりすると、嘘のように大人しく言う事を聞いてくれたりします。
でも、それを同級生の子や下級生の子に求めるのもどうかと思いますし、さっちゃんママと二人で対策を考えていきます。この事があってから、前にもまして佐智子とお話することを増やしました。
さっちゃんパパ
2006/07/02 20:57
◎ヒバゴンさん
早速のご訪問ありがとうございます。
私のブログは、どうしても同じダウンちゃん繋がりが多いのですが、出来るだけ健常者の方にも多く見ていただきたいと思ってます。時々は、スポーツセンター同様、お会いしたいですね。
hibagon2も伺いました。なかなか面白い内容の記事が満載でしたので、最初からゆっくりと拝見したいと思います。
さっちゃんパパ
2006/07/02 21:01
さっちゃん、お誕生日おめでとうございます(した)
遅くなちゃいましたが・・・

前日の記事、写真ですがさっちゃんのしっかりとした
足取りが 映像で私の目に映りました。
その力強い足取りでこれからも前進して行くんですね、
さっちゃん。
そしてこの記事の事件・・・
うちの子も似たようなことがあり、よく叱ります。
本当に完璧に理解させるのには時間をかけなければ、
と思います。でも時間をかければ必ずわかるようになる、と信じています。
ただ、私個人的には 我が子に優しさと思いやりを求めるのと同じように、他者に対しても優しさ、思いやりは求めたいように思います。みんなが優しい社会(障害者に対して、というだけの意味ではなくて)であってほしいような・・・間違ってるかな・・私はもしかして甘えてるのかもしれませんね・・・
tiisai-ningyo
2006/07/02 23:42
◎tiisai-ningyoさん
私は想うんです。昔から「義を見てせざるは勇なきなり」と言いますよね。善行や人に優しくするのは、意外に勇気が要る事なのかもしれません。そんな意味からすると、今は臆病者達が多すぎるのかも知れませんね。ダウンちゃんのお母さん達が段々と勇気を持って強くなるのは、我が子から教わった優しさのせいかも知れませんね。考えさせられますね。
さっちゃんパパ
2006/07/03 21:46
お誕生日おめでとうございます♪10歳さんなんですね〜。うちはまだまだ想像もつきません。☆☆駄目な事を駄目だと怒っても、効果的ではない。プラスな場面で行動を矯正していく(ほめるって事)と養護学校の先生が言われて、確かに一理あるなと思っているのですが。療育センターの先生は、また違う事をいわれます。。本当に駄目な事を、子供の心に心から響くような、そんな方法は無いのかしらと思ってしまいます。何をどうしたらいいのかなってそれが今の悩みのタネです。3歳までは、なんとなく指標のようなものがあり、それでこうすればというのがあったのですが、4歳になる今大海原に出された気分です。。兄ちゃんになってきたね〜といわれる今日この頃、どうやって育てていこうというのが目下の悩みです。。
あっ、色々あってまた、ブログ変わりました。。。金澤さんの転載、その2させてもらいました♪
ふわ
URL
2006/07/08 04:16
◎ふわさん
お久しぶりです。ブログが変わったんですか?早速伺ってみます。金澤さんの転載も楽しみです。
最近、忙しくて皆さんの所を前のように回れていないのですが、細々でも続けますので宜しく。
養護学校の先生、療育センターの先生、両方共に正解なのだろうと思うのです。昔、手話をやってた時に感じたのは、意志の疎通が難しい子供達にモラルやマナーを教える事がいかに大変かと言う事でした。時には褒め、時には叱ると言う事なのでしょうが、言葉が伝わらない相手に教えるには根気しかないと思いますね。
他のダウンちゃんは解りませんが、佐智子の場合、私やママが叱ると、叱られている事は解ります。ですから体罰などはした事はありません。普段と違う口調と表情で、今は叱ってるんだと解るようにメリハリをつけてます。
叱った三倍くらい、褒めてあげる事が大事じゃないでしょうかねえ。心にまでハンデを持たないように気をつけてます。
さっちゃんパパ
2006/07/08 07:01
ご無沙汰しています。「まりりんの連絡帳」のまりりんパパです。
遅くなってしまいましたが、さっちゃん、お誕生日おめでとうございます。
ほんと、その通り、我が家の日常を見ているようで、うんうんとうなずきながら読んでいます。
まりりんもそうなんだろうなあ、怒られているのはわかるけど、その場じゃないと、何で怒られているのかがわかりづらいんだと思います。いつも親が一緒にいて、その場その場で良い悪いを教えられるわけではないので、難しいですね。
ブログの方にコメントありがとうございます。もしよろしければ、「ぼくと佐智子」へのリンクを掲載させていただきたいのですが、よろしいでしょうか?私自身が、コメントを頂いた皆様のページへいつでも行きたい為なのですが…よろしくお願いします。
まりりんパパ
URL
2006/07/08 11:13
◎まりりんパパさん
リンクの件、OKです。相互リンクしましょうね。
最近、知り合った方に永年障害児教育に携わった先生がいらっしゃいます。大学で教鞭もとっておられたそうです。その方が「障害児教育は少しも進まない」と嘆いておられました。その原因のひとつは、障害児の親は自分の子の事で一生懸命で、子供が育った時には高齢になり社会へ訴えるエネルギーが残っていないからではないかと思います。私達は地域を越えて世代をこえて、普遍的な連携が必要だと思います。
これから私達の出来る範囲の事を出来る限り、お互いに頑張っていきましょう。私達の天使のために・・・。
さっちゃんパパ
2006/07/08 11:31
さっちゃんパパさん、相互リンク有難うございます。
いろいろな方が行き来してくれると嬉しいですね。
全学年のダウンちゃんブログとリンクさせていただくのが目標なので、3歳違いのさっちゃんとっても嬉しいです。
これからも宜しくお願いします。
まりりんパパ
URL
2006/07/08 21:18
◎まりりんパパさん
仕事をしながらの更新は、思った以上に大変ですが、私達の声を一人でも多くの方に聞いて貰えたらと思います。
一緒に頑張りましょうね。
さっちゃんパパ
2006/07/08 23:12
さっちゃん、お誕生日おめでとうございます!
(^。^)オメデト∠※ポン!。・:*:・゜'★,。・:*:♪・゜'☆ミ  遅れましたネー
 
はやとも、先日、お友達を噛んでしまって、(一人はほっぺ。もう一人は、肩。)血が出るくらい強く噛んでしまい、跡が残っていました。
朝のちょっとの時間でしたが、二人のお母さんにあやまりました。
思い通りにいかないとカンシャクをおこして、やってしまうみたいです。┐( -"-)┌...

「ダメ・いけないこと」はいつ解るようになるんだろう?容易ではないかもしれないけど、根気よく伝えていかなければー(^_^)b
まつ
2006/07/13 09:58
◎まつさん
ありがとうございます。まつさんと知り合って、早や半年を過ぎました。お陰で佐智子もローティーンの仲間入りでございます。
噛むことはたしかに悪いですが、はやとくんにも言いたい事があったんでしょうね。話しても解らないと思わずに、ゆっくりと根気よく伝えるしかないでしょうね。佐智子もまだ流暢に話すことは出来ませんが、こちらの言う事は随分理解しているように想います。ゆっくり、ゆっくりですね。
さっちゃんパパ
2006/07/13 20:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
さっちゃん事件簿たんぽぽファイル2 ぼくと佐智子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる