ぼくと佐智子

アクセスカウンタ

zoom RSS おり姫・・・否・・・おれた姫

<<   作成日時 : 2006/07/07 20:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
「ハァ〜ハァ〜たらいま〜」

息切らし・・・佐智子が帰り着きました。

「お帰り」と、言うのも忘れた・・・その格好。

「さっちゃん!!どうしたんね!!」と、お父さん。

笹の葉付けた・・・汗かきパンダ。



今日は、おりひめ、ひこぼし・・・七夕様。

よく見りゃ短冊・・・付いてます。

「ほし」に「おりひめ」「七月七日」

佐智子が書いた・・・大きな短冊。

願い事は・・・いつ書ける?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、野外活動へ行ったせいなのか、夜、外へ出ると必ず空を見上げて星を探します。そして、星を見つけると「星〜♪」と指差して教えてくれます。

夕べも一緒に駐車場へ行く時に、やっぱり空を見上げていました。曇り空のために、星ひとつありませんでしたが、佐智子のポカンとした表情が可愛くて可愛くて。

今日は、おそらく特学の先生が笹の葉をランドセルに付けてくれたのだろうと思います。普通学級の先生には合点の行かない事ばかりですが、特学の先生には感謝の一言です。現在のシステムの中で、本当によくして戴いています。
先日の合同野外活動も、その様子をビデオに撮って、ダビングした物まで戴きました。お礼の言葉もありません。普通学級の先生方も、この特学の先生達のような心がけで教育していただければと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
特学の先生も、いろいろだと聞きましたが、さっちゃんのところの先生は、よくしてくださるようで、良かったですね。RYOくんの養護学校の先生達も、とてもよく一人一人を見て、可能性を引き出すことをいろいろやってくれているようですが、みんながみんな、そういう先生だと嬉しいんですけどね。普通学級の先生は、大勢を見なくてはならないから、なかなか一人一人にまで手が回らないのかもしれませんが、でも、とても配慮ある先生もいらっしゃるようですから、こちらもいろいろなんでしょうね。
元教師の私が言うのもなんですが、教え方云々の前に、まず目の前の子ども達の気持ちを感じ、大事にできる教師であってほしいですよね。
カメ
2006/07/08 06:26
◎カメさん
<教え方云々の前に、まず目の前の子ども達の気持ちを感じ、大事にできる教師であってほしい

その通りです。広島に来る前には福岡に住んでいました。長女と次女は福岡の小学校へ行ってましたが、一人一人に目を配る素晴らしい先生ばかりでした。
広島に来てからは、そんな先生と一人も会った事がありませんでした。ですから、佐智子の事はとても心配だったんです。でも、幸いに特学の先生は違ってました。そんな意味からも、本当に感謝しています。
教育にしても療育にしても、なぜこれだけ地域間格差や教師の個人格差があるんでしょうかねえ。現在のシステムでは、子供が教師を選べないので、上限はともかく下限レベルには一定の線引きが必要なんではないだろうかと思います。
さっちゃんパパ
2006/07/08 07:30
さっちゃんは暑いなか一生懸命持ってきてくれたんですね^^ここ何日か蒸し暑かったから・・・。ランドセルって結構暑いんですよね。

さっちゃんの先生も生徒の笑顔を見るのが嬉しいタイプの先生かもしれませんね。
私の時代は本当に色々行事もあって、先生とふざけて遊んだり・・・いい思い出があります。
でも昨今、ゆとり教育というのは名ばかりでかなりギュウギュウの教育の様に思います。
運動会も簡素化されたり、行事も減らされたり・・・子供の心に残るものは減ってきているように感じます。先生方も、子供と遊ぶって事がなくなってきてるのかな??とも感じますね〜。
良い先生もいますが、やっぱり減ってきているのでしょうか??
私の市では、障害児は養護学校へと言う感じです。
そういう意味では、この先の事が不安ですね。
でも、見えない不安よりも今を後悔しないように楽しもうと思っているささなのです・・・。

なんかへんなコメントになってしまいました。
ささ
2006/07/08 14:59
◎さささん
ゆとり教育とは、やる気のない先生にゆとりを与える教育だと感じます。面倒くさい、細々した行事と一緒に、生徒一人一人に気を配る事も減らし、自らのゆとりばかりを増やしている先生が目立ちます。そんな中で、やる気のある先生は、出る杭は打たれる状態で苦しい立場に立っているように思われます。何かがおかしいですね。
私の人生に大きく影響を与えたのも、小学校時代の先生だけに、ついつい比べてしまうからでしょうか。子供に「あの先生のような立派な人になるんだよ。」と言ってあげれる先生が増えるといいですね。
さっちゃんパパ
2006/07/08 17:14
さっちゃんいい先生に恵まれてよかったね〜このまま6年まで続くといいですね。
りんりんも保育園の時から先生に恵まれてます
こないだ学校と保育園の連絡会があり退職した担任の先生と同じ時年長の先生、りんの加配の先生みんなでりんの様子見に来てくれて感謝です!!特学の先生も親学級の担任の先生も上手い具合りんりんと接してくれて、今は楽しく学校行ってます、、(報告になちゃいました)
りんりん
2006/07/08 17:32
◎りんりんさん
広島に来て、普通学級の先生には不満があったのですが、先日、さっちゃんママが授業参観に行った時、佐智子が席を置く普通学級にPTCの申し込みに行ったら、申し込み用紙に佐智子の名前がなかったのです。さっちゃんママは、いたく傷ついて帰って来ました。その先生は、特に佐智子だからと言う事ではなく、子供の気持ちに対する配慮が欠けているようです。
広島は特学の先生と普通学級の先生は別の生き物のようです。福岡は良かったですよ。
さっちゃんパパ
2006/07/08 23:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
おり姫・・・否・・・おれた姫 ぼくと佐智子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる