ぼくと佐智子

アクセスカウンタ

zoom RSS 佐智子に電話

<<   作成日時 : 2006/08/10 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

画像
出張中、佐智子と交わした携帯電話。

「とうさあん!!」・・・と、佐智子ちゃん。

「さっちゃん!!父さんよう。」・・・と、お父さん。

「とうさあん?」・・・と、佐智子ちゃん。

「今、何してるんね?」・・・と、お父さん。

「なあにぃ?」・・・と、佐智子ちゃん。

「い・ま・・・な・に・し・て・る・の?」と、お父さん。

「チキン・リトル」・・・と、佐智子ちゃん。

「チキン・リトル、見てるんね。」・・・と、お父さん。

「はい♪」・・・と、答える佐智子ちゃん。

「チキン・リトル面白い?」・・・と、お父さん。

「待ってねぇ。」・・・と、佐智子ちゃん。

「えっ?どうしたん?」・・・と、お父さん。

「母さ〜ん、代わってって。」・・・と、佐智子ちゃん。


そうじゃない、もっと話がしたいよ・・・お父さん。

けれども、佐智子は忙しい。

チキン・リトルに忙しい。


毎日、毎日、この調子。

佐智子の言葉は「父さん、なあにぃ、待ってね」の三つだけ。

けれども、嬉しい・・・お父さん。

こんなに会話になるのだから。

佐智子と会話になったのだから。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ほんの少し前までは、会話どころではありませんでした。せいぜい「ワイワイワイワイ・・・オバサマン」くらいの事しか言えませんでした。
それが「なあにぃ」にしても「待ってね」にしてもハッキリ言えるようになったのです。確実に佐智子は成長しています。佐智子のペースで成長しています。

Mayさんのコメントに「禁断症状」とありました。確かにそうです、その通り。佐智子と離れてみて、改めて佐智子の存在を大きく感じたのです。

「この子の為に」「この子達の為に」と思っていた自分を反省したのです。可愛い佐智子が、実に多くの物を私に与えてくれているのに気づいたのです。それは親としての自信もあります。人間としての自信もあります。そして何より、素晴らしいお友達。私に、生きがいも人生の目標も与えてくれたのです。佐智子が居なければ、これほど彩り豊かな人生になったかどうか解りません。
そうです。佐智子に私が必要なのではなく、私に佐智子が必要なのです。
これからも、宜しくね・・・佐智子ちゃん。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
育児は育自と申します。
子供はいつまで経っても子供であり、親を成長させてくれるいちばんの教師なのです。と、私はいつも思っています。
私は年頃の中1の菊姫、近頃わがままになってきた小3の桜姫、そしてまもなく1歳のお誕生日を迎える宝物のダウンちゃんのりこたん、個性豊かな姫3人に育てられています。本当にさっちゃんのパパちゃんと気持ち分かります。私にこの子達が必要なのだよと。。。
だからこそ、なおさら、最近健康に生きたい、長生きしたい、いつまでも、見守り続けたい。りこたんにはずっとそばにいてほしいと。

入院などで半日や丸一日以上会えない日がありました。それでも身を切られるくらい辛いものがありました。さっちゃん命のさっちゃんパパちゃん、mayちゃんの言う禁断症状が手に取るように分かりました。(^^)
ファンタジア
URL
2006/08/10 09:00
すみません、相変わらず長くて・・・続きです。…携帯で見るとお金かかって<(_ _)>

でもますます絆を深めましたね。そして携帯というツールのお陰でたくさんの成長を見つけることも出来ましたね。私もいつかりこたんと携帯でお話できたら・・・嬉しすぎて泣いちゃうかもしれません。「たったひとつのたからもの」でも電話でおとうさんとダウン症の主役の秋雪君が話すシーンでボロボロ泣いちゃいましたもの・・・。かわいいさっちゃんがさっちゃんパパからこんなに愛されて、我が事のように嬉しく思います。

それに、・・・さっちゃんとことカメちゃんとこブログがおやすみでなかなかコメント書けなくても見るのが日課になってる私も寂しくてある意味禁断症状出てました。どうか、これからも宜しくです。
ファンタジア
URL
2006/08/10 09:02
はじめまして。
1年生の男の子、瑞樹(みずき)の母をやってます”じゅんちん”と申します。
さっちゃん、かわいいですね〜!そしてまたさっちゃんパパさんの愛情あふれる記事がもう〜たまりません!!!
うちの主人もさっちゃんパパさんくらい愛情表現してくれたらなぁ。。。と思いました。
新しい記事を楽しみにまた来ますね!ではまた!
あ、ちなみに主人は大分出身、私は福岡北九州出身で、現在佐賀在住の九州人です!
じゅんちん
URL
2006/08/10 13:06
さっちゃんパパさん、お帰りなさい。
ほんとにさっちゃん、かわいいですね。
せっかくかけた電話なのに
さっちゃんがすぐにママさんに代わろうとするとこなんて、ちょっと面白いですよ〜。

海のさっちゃんも気持ちよさそうですね。
パパさん帰ってきてまた私の楽しみの時間も
確保されましたわwa。
tiisai-ningyo
URL
2006/08/10 14:43
私も、子供たちに育てられてるなぁって思います。でも、日々の忙しさにかまけて子供の小さな成長を見逃してしまう事が多いんです~(=^‥^Aそれと、子供たちが私に与えてくれている大きな愛情を、当たり前のように見過ごしてしまう・・・ダメですねぇ。
ここにくると、さっちゃんパパのあったかい父性愛に触れて、反省してしまう私です。小さな進歩をもっと大切にしてあげなきゃ。
ところで、さすが女の子ですね。「チキンリトル」に忙しいとは。うちは、ちょっと前までは「MASK」でしたが、今は「PIRATES of the CARIBBEAN」ですヘ(^‥^=)~
riedepp
URL
2006/08/10 20:18
◎ファンタジアさん
そうですよね。ファンタジアさんは、辛い日がありましたからね。それから比べると、大アマですが、勘弁して下さいね。
「たったひとつのたからもの」のシーンはよく覚えてますし、同じようなシーンが多すぎて困りました。一番、印象深いのは海辺で子供を抱きしめるシーンでした。私も佐智子を抱きしめた事がありましたから・・・。ファンタジアさんは、これから沢山思い出が作れますね。
私もカメさんのブログがお休みなのは寂しいです。再開が待ち遠しいですね。
さっちゃんパパ
2006/08/10 22:48
◎じゅんちんさん
はじめまして。ようこそです。嬉しいですね。私も北九州八幡の出身、母親は佐賀の鳥栖出身なんです。これから宜しくお願いしますね。九州は、結構障害者の活動が活発だと思いますが、佐賀の方はどうなんでしょう?また教えてくださいね。
さっちゃんパパ
2006/08/10 22:51
◎tiisai-ningyoさん
そう言って貰って嬉しいです。私も暫くPCから離れていましたが、その間、tiisai-ningyoさんのセンスのいい記事が読めなくて寂しかったです。これからも宜しくお願いします。
さっちゃんパパ
2006/08/10 22:55
◎riedeppさん
佐智子は、可愛い物が好きですね。アニメではニモとステッィチが筆頭でしょうね。反面、激しいものは「くわい、くわい」と言って嫌がるんですよ(笑)
さっちゃんパパ
2006/08/10 22:58
そーなんですよねー、この子達は 私達に 今まで知らなかった素敵な世界を教えてくれる素晴らしい存在なんですよねー。
お互いに必要として親子になったんでしょうね。
私が報告するのもなんですが、カメちゃんとウッキィ〜ちゃんが 会ったらしいですよ!カメちゃんの帰宅が待ち遠しいですね♪
may
2006/08/10 23:14
◎mayさん
そうですね。決して偶然ではないような気がしますよね。カメさんを待っている人は多いですねえ。私もその一人です。どんな話をお土産にくれるんでしょうね。
さっちゃんパパ
2006/08/10 23:44
さっちゃんパパ様
お帰りなさ〜い♪さっちゃんの可愛い写真とパパさんの優しく楽しい記事が待ち遠しかったデ〜ス。

さて、報告いたします。
まず1回目…水族館でカメちゃんに会いました。帰省中のカメちゃんがバスツアーで大阪の「海遊館」まで来てくれたので、いそいそ会いに行きました。館内は携帯が圏外で「会えないかな」と思っていたらカメちゃんがMayuを見つけてくれたのです。
そして2回目…暑い名古屋で熱い再会しました。ブログやメールでお話してるので、ずっと昔からのお友達のようでした。
さて来年は埼玉?それとも広島へ行こうかな〜。
ウッキィ〜母
2006/08/11 00:32
◎ウッキィ〜母さん
会ったところが水族館と言うのがいいじゃないですか。きっと素敵な親子ガメさんだったと思います。私も佐智子を連れて、色んな所へ行きたいですねえ。
さっちゃんパパ
2006/08/11 07:55
確かにさっちゃんパパさんのおっしゃる通り、私もたっくんとはなれるなんて考えられないほど、禁断症状に入院中襲われました。でもお見舞いに来てくれても、一番早く帰ろうとするのはたっくん。でも家に帰った時に一番お世話をしてくれたのもたっくんでした。

色々な人と出会わせてくれたのもたっくんです。たっくんに親にしてもらっているし、たっくんのお陰で人間関係が広がっています。癒してくれるのもたっくんかな〜〜。美容院に行った時に「お母さん、かわいい〜〜。」と言ってくれて、力が抜けちゃう母です。
チハル
2006/08/11 12:36
◎チハルさん
本当ですよね。この不思議な可愛らしさは何でしょうねえ。チハルさんに、たっくんが必要な様に、私も佐智子が欠かせません。同じ気持ちですよね。
さっちゃんパパ
2006/08/11 22:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
佐智子に電話 ぼくと佐智子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる