ぼくと佐智子

アクセスカウンタ

zoom RSS フニフニフニフニ・・・フニフニ佐智子

<<   作成日時 : 2006/08/10 23:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

画像
父さんが・・・帰ってからの佐智子ちゃん。

やたらとフニフニ・・・甘えます。

何を言ってもフニフニフニフニ・・・動かない。

素直に聞かない・・・フニフニ佐智子。

「お風呂に入りなさい」・・・と言われりゃ首を振る。

「もうテレビは消しなさい」・・・と言われても首を振る。

「さっちゃん!宿題は?」・・・と言われりゃ知らん顔。

これでは、ちょい悪佐智子の再来だ!


それでも、父さんネンネのその時は

ホッペにチュッチュッ・・・おでこにチュッ♪

前より甘える・・・佐智子ちゃん。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あきらが佐智子の事をこう言いました。
「父さんが出張中に、佐智子の超わがままを叩き直してやろうと思ったけど、駄目やった。」

その事をさっちゃんママに話しました。さっちゃんママは笑いながら言いました。
「佐智子より、自分の根性を叩き直すのが先やろうに。」
「佐智子は、父さんが居らん時は、何を言っても『ハイ!』『ハイ!』って言ってたんやけど、父さんが帰った途端に言う事聞きゃあせんのんやもん。」

そんな事を聞いた、お父さん。
佐智子をちょっと叱ってみたのです。
お部屋の掃除の時に、佐智子を部屋から出しました。「あっちに行きなさい。」と少し強く言いました。暫くすると、佐智子の泣き声聞こえます。ドアの外でオイオイオイオイ泣いてる佐智子。

それから叱るのやめました。父さんが居ない時、いっぱい甘える人が居なかったのかも知れません。母さん、昼間は仕事です。あきらもお姉ちゃん達も自分の事で忙しい。佐智子は佐智子で寂しかったのかも知れません。家の中で、何をやっても叱られず、何をやっても許される、佐智子の味方の父さんが、暫く傍に居なかったのですから・・・。
そう思って、佐智子に声かけ話してみると、不思議に佐智子の顔が優しくなったように思います。今も、私の布団で寝ています。安心しきって寝ています。もう大丈夫!佐智子ちゃん。明日は、いい子の佐智子ちゃん。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
さっちゃん、ホントに我慢してたんですよ!!10日間、ただただパパさんが帰って来るのを待ち焦がれていたんですね〜。
さっちゃんはさっちゃんパパさんを…さっちゃんパパさんはさっちゃんを…互いを必要としてる求め合う姿がとっても微笑ましく、記事を読んでると自然と笑みがこぼれます!
mahiha
2006/08/11 00:13
◎mahihaさん
私が何故居ないのか、佐智子に理解できていたかどうか解りません。ただ、何を言っても大丈夫な相手が私なのかも知れません。本当に、お互いに必要としている相思相愛でございます。さっちゃんママは、どう思っているのでしょうね。
さっちゃんパパ
2006/08/11 07:59
本当素敵なパパさんですね。
思わず笑みがこぼれます。
何年経っても子供の目線で子供の気持ちわかってあげられる親でいたいと更に思いました。
さっちゃんの強い味方のパパさんがいればさっちゃんは元気に心置きなく世の中を渡っていけそうですね。
けいこママ
2006/08/11 09:45
ご無沙汰しています^^
さっちゃんパパさん出張!お疲れ様でした。
短いようで長い10日間でしたね〜。さっちゃんパパさんの日記がないと寂しいですね〜。
さっちゃん、さっちゃんパパさんがいないとき、本当に寂しかったんでしょうねぇ。その分、今甘えがあるんだと思うのです。そう思うと、さっちゃんも寂しく、さっちゃんパパさんも寂しい・・・。
相思相愛ですね^^
以前、光陽は義父さんを好きなようです。(私は苦手ですが・・)その時に一言、『こういう子は、一番誰が強くて、誰が守ってくれるのか本能でわかるんだろうなぁ〜』って言っていました。
義父さんが光陽を守ってくれるかはわかりませんが、さっちゃんにとっては、さっちゃんパパさんが一番のナイトであり、心がわかる友でもり、父でもあるのかな?って思いました。
残暑と言う言葉が出始めました。
まだまだ暑いと思います。お体には気をつけてくださいね^^
ささ
2006/08/11 10:04
さっちゃんパパさんの存在は、佐智子ちゃんにとって大きいのですね。私の娘は、お祖父ちゃん・お祖母ちゃんの家へ遊びに行くと、なかなかの『おりこうさん』らしいです。自分のすべてを受け入れてくれる人を子供はしっかり理解しているのかも知れませんね…
ゆきゆき
2006/08/11 15:46
さっちゃんはお父さんと一緒に居るのが嬉しくて仕方ないんですね(^^)
それにしても父親はほ〜んとに良いとこどり上手ですよね(^^; 娘には甘いんだからぁ〜!
何処も同じですね・・・
eikomanma
2006/08/11 16:03
さっちゃんパパさん
遅くなりましたがお帰りなさい!

さっちゃん、パパにすっごく甘えたかったんでしょうね。
何だかすごくその様子が伝わってきて
パパさんの温かさにジ〜ンときてしまいましたよ。
残暑厳しい8月ですが
みなさん夏バテなどに気をつけて下さいね。

また、来ます♪
ななえママ
URL
2006/08/11 16:05
たくさん甘えるのも子供の仕事ですよねヾ(^‥^=)~
うちは、私や娘がこうきを叱ってしまうことが多いので、パパがそんな時の逃げ場になってます。
そんなパパが、たまにこうきを叱るとすぐに
「さっきはごめんね。パパが悪かったよ。怒りすぎちゃって」と涙目になる((ヾ(^‥^=)~
パパって甘やかせ上手なんですよ!
さっちゃん、パパが帰ってきてホントによかったね(=^・ェ・^=))ノ彡☆
riedepp
URL
2006/08/11 17:26
はじめまして。
さっちゃんパパさんのブログは、連れ合いが探してきて。「絶対気に入るよ!!」と熱心に勧めてくれました。
過去の日記から読ませていただきました。素敵なブログですね。さっちゃんパパさんのさっちゃんを思う気持ちがじんわりとあたたかく染みてきました。
我が家にもダウン症児として生まれてきた9ヶ月の子がいます。さっちゃんパパさんのブログを読んでいると、我が子の成長していく姿が具体的に想像できて、楽しさ広がります♪ 
ろば
URL
2006/08/11 22:31
◎けいこママさん
佐智子とは、言葉でコミュニケーションがとれません。だから余計に、その表情やしぐさから気持ちを汲み取るしかないんですね。これまでの子供達に、そこまで出来ていたらと思います。佐智子から、色んな事を教わってるんです。
さっちゃんパパ
2006/08/11 23:01
◎さささん
相変わらず、微妙な関係が続いているようですね。でも、案外、光陽君が事態を緩和してくれるかも知れませんね。また、更新頑張りますので、これからも宜しくお願いします。
さっちゃんパパ
2006/08/11 23:04
◎ゆきゆきさん
私の尊敬する人は、亡き祖父なんです。叱られた記憶がなく、とっても優しい人でした。だから、祖父の言う事には素直な自分が居た事を、よく覚えています。今、年齢的にも佐智子は孫感覚なのかも知れませんね。
さっちゃんパパ
2006/08/11 23:07
◎eikomanmaさん
はい、その通りだと思います。さっちゃんママが、いつも同じ事を言います。「父さんは、ずるい」
別に、ずるい事をしている訳ではありませんが、男親にとって、女の子は可愛がる対象でしかありませんからね。ご主人も同じだと思いますよ(笑)
さっちゃんパパ
2006/08/11 23:09
◎ななえママさん
有難うございます。私のドタバタブログに、ななえママさんのコメントが入ると、いっぺんに品がよくなった感じになります。
これからも宜しくお願いします。
さっちゃんパパ
2006/08/11 23:11
◎riedeppさん
はい、今のところ白馬の騎士状態であります。
しばらくは、佐智子をいっぱい構ってあげようと思います。そのうち、心が一杯に満たされたなら佐智子の方から離れて行くことでしょう。
さっちゃんパパ
2006/08/11 23:15
◎ろばさん
ようこそ、いらっしゃいませ。ブログを始めたキッカケは、佐智子の上級生の情報が欲しかったからなんですが、考えてみると、佐智子の上級生の親御さんはPCやインターネットに縁のない方が多いのですね。それで、仕方なく小さいお友達のブログを巡回するうちに、「ぼくと佐智子」の役割が見えてきたのです。
私は佐智子を笑顔の良い子に育てたいのです。笑顔であれば、色んな人が近づいてくれる。声かけてくれる。佐智子が寂しい人生を送らなくて済むと思うのです。その笑顔は、親が教えねばなりません。だから私は、佐智子に笑顔で接します。そんな親子のドタバタブログですが、今後とも宜しくお願いします。ろばさんの所にも遊びに行きますね。
さっちゃんパパ
2006/08/11 23:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
フニフニフニフニ・・・フニフニ佐智子 ぼくと佐智子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる