ぼくと佐智子

アクセスカウンタ

zoom RSS ひっつきぼう

<<   作成日時 : 2006/10/05 21:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

画像


今日は、父さん・・・お家で仕事。

佐智子の帰りを・・・待ってます。



やがて佐智子が・・・カギ開ける

ガチャガチャ、ガチャガチャ・・・ドアの音。



「お帰り〜。」言いながら、佐智子がドアを開けました。

「さっちゃん!お帰り〜♪父さん、おるよ〜。」と、お父さん。

「あ〜♪父さん♪たらいま〜♪」

ニコニコ、ニコニコ・・・佐智子が笑顔。


この頃、父さん忙しく、土日も殆ど仕事です。だから、佐智子と遊んであげる暇もありません。佐智子が傍に居たいなら、居させてあげたい何時までも。



本を読んでる・・・佐智子ちゃん。

ウクレレ遊びの・・・佐智子ちゃん。

アニメを見ている・・・佐智子ちゃん。



気が付きゃ、佐智子は・・・ひっつきぼう。

父さん足元・・・ひっつきぼう。

可愛い可愛い・・・ひっつきぼう。



落ち着く場所が見つかるまでは

父さん、ひっつけ・・・ひっつきぼう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今年の四月から一人で始めた新しい仕事。軌道に乗るのはまだまだですが、少しずつ忙しくなりつつあります。そのために、佐智子と遊ぶ時間がなかなか取れなくなりました。次の連休だけは何とか時間をとって一緒に遊んであげたいと思っています。

ブログを始めた当初に比べても、佐智子の成長は目を見張ります。他のダウンちゃんに比べれば読み書きなどは遅いけど、体力と悪知恵だけは相当の物だと思います。

そんな佐智子が一人で社会に出られる日まで、さっちゃんパパは佐智子をひっつけて頑張ります。


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
ひっつきぼう!かわいいですね〜!微笑ましいです。
パパさんのそばにいるだけで、心が落ち着き、安心しているんでしょうね。
安心できるからこそ、そこから冒険をしたり、一歩踏み出してみたり・・・
さっちゃんの成長の源は、やっぱり
さっちゃんパパ&ママさんなんですね。
涼和pa&ma
2006/10/05 22:41
うちのチビはやっと寝てくれました・・最近リズムが乱れて困ってます。
我が家は「ひっつき虫」って言い方してます(笑)時々「ひっつきんこ」。
でもそれは主人と私が付き合っている時からの・・・2人の仲でです(恥)
ひっついていると安心するんですよね。そばにいるだけで・・それがダイスキなパパさんなら尚更さっちゃんは嬉しいでしょうね!
そら
2006/10/05 23:33
かわいい「ひっつきぼう」ですね。
今日は、大好きなパパが家にいたから、さっちゃん一杯「ひっつきぼう」ができたかな?
ウチのさくらちゃんも、ママと目が合うとすぐに手を伸ばして「抱っこ〜♪」ってせがんでくる甘えん坊さんです。
はじめくんママ
2006/10/06 00:45
かわいい、かわいい「ひっつきぼう」。どんなに忙しくても、ちゃーんとくっつけてくれるパパさんだから、さっちゃんも安心して甘えられるのですね。
うちの夫は仕事が忙しくなるとピリピリして、なかなか子どもをかまう余裕がありません。もう少しさっちゃんパパさんみたいに、ふところが大きいといいのですが・・・ただ、上の子はそういうの察して、忙しいときは寄りつきもしませんが、アイはそんなのおかまいなしに寄っていくので、うちもそのうち根負けして、アイのペースにはまってくれるといいなあ、とひそかに願っています。
カメ
2006/10/06 06:11
◎涼和pa&maさん
>安心できるからこそ、そこから冒険をしたり、一歩踏み出してみたり・・・
なるほど、そうですね。そう言えばそんな感じですね。今は、私が佐智子の居場所になっているみたいですね。父親としては、あまり悪い気はしてませんが、ちょっと、さっちゃんママに悪いなと思います。
さっちゃんパパ
2006/10/06 08:06
◎そらさん
有難う御座います。大変ご馳走様でございました。我が家のさっちゃんママもひっつきたい方だったのですが、九州男児の私としては、人前でひっつくのはどうも抵抗がありまして、ママがひっつくのは逃げてばかりでした。
「ひっつきぼう」は、子供の頃に草むらを歩くと服に付いて来た草の種の事を、九州では「ひっつきぼう」と言っていたのです。
佐智子を見ていて、それを思い出したものですからタイトルを「ひっつきぼう」としたのですよ。
さっちゃんパパ
2006/10/06 08:11
◎はじめくんママさん
私達の子供は、気持ちが通い合える人が少ないためだろうと思いますが、安心できる人が欲しいんでしょうね。外へ出て行く勇気が出るまでは、しっかりひっついておけばいいと思います。
さっちゃんパパ
2006/10/06 08:13
◎カメさん
私も上の三人の子は簡単に寄ってきませんよ。永年、管理職をやってましたから、身体中から独特のオーラが出ていたのだと思います。子供達は私の事を怖がっているのが解ります。
佐智子は、そんな事はおかまいなしに近寄って来るので余慶に愛しいのかも知れません。私に家族の大切さを教えてくれたのが、さっちゃんママなら、親子が何たるかを教えてくれているのが佐智子のような気がします。
カメさんのご主人も、今は仕事の事で頭が一杯なのだと思います。カメさんが選んだご主人ですから、きっと優しさをいっぱいお持ちの方だと思います。今は、その優しさを表現できる余裕がないのでしょうね。きっと責任感の強いご主人なんでしょうね。
さっちゃんパパ
2006/10/06 08:23
うちでは 「ねこ」って呼んでます。
パパが帰ってくると後尻追いかけて
どこまでもついてまわって猫みたいなので。
だから可愛いんでしょうね、時々甘やかすので
私がパパを冗談半分に叱ります。
さっちゃんが安心できる場所がパパさん自身なんですよね〜。いいですね〜。
ずーっとずーっとひっつけてあげていてほしいな〜。
tiisai-ningyo
URL
2006/10/06 09:57
つくづくダウンちゃんって個性が光りますね。ホントにみんな違ってみんないいもの。
私はね、さっちゃんの多分だけど負けず嫌いなところがすごくかわいいの。集中力も根性もありそうで。読み書きがどうのとありましたが、だってあのパズルひとつとってもさっちゃんはすっごい可能性を秘めてるんだって思います。
だから、こんな風にひっつきんぼうしながらパパとたっぷりの愛情の中で今からこれからすごい事を開花させてくんだって思っています。
眉唾になりかけてますが自分の子も人の子もダウンちゃんは本当にかわいいです。
ファンタジア
URL
2006/10/06 09:58
◎tiisai-ningyoさん
は〜い♪解りました。ずっとひっつけておきたいと思います。我が家では、さっちゃんママが「駄目っ!」と言うと、駄目なのです。冗談半分ではなく、時々本気に叱られます。くわばら、くわばら。
さっちゃんパパ
2006/10/06 16:49
◎ファンタジアさん
有難う御座います。私も、佐智子の負けず嫌いな所がとても可愛いんです。結構、根性もあるんですよ。仕事柄、色んな場所でママと一緒のダウンちゃんを見かけます。誰一人として同じではありません。皆一人一人、立派な個性をもっています。ダウンちゃんと言う共通点はあっても、一個の人間ですからね。当たり前の事だと思います。
でも、ファンタジアさんの言うように、私も彼らを見ている時は、いつの間にか笑顔になっているのに気づきます。本当に可愛いですね。
さっちゃんパパ
2006/10/06 16:53
ひっつきぼうのさっちゃん。かわいいですね。ウクレレ遊びの写真が様になってます♪ポロン、ポロンと優しい響きが聞こえてきそう。
うちのカズも甘えん坊。わたしがパソコンに向かうときは、膝の上が特等席になってます(^^;)

子どもって、甘えることで親に成長を促してるような、そんな気がすることがありますよ。
ろば
2006/10/06 21:06
御無沙汰してすみません!
ちょっと前の記事から読ませて頂き、改めてさっちゃんのパパに対する信頼感を感じました。
そして ひっつきぼうのパパが居るからこそ これから先 新たな事にチャレンジして行けるのですよね。
ひっつきぼうは心安らぐ、楽しい、そしてちょっとだけ背中をポンと押して 後ろから見守ってくれてるんですよね。
わたしもいつまでも ひっつきぼう。でも サブひっつきぼうも たくさん見つけて欲しいなって思います。
みんな ひっつきぼうは いつでも見守ってる!大きく羽ばたけ!
may
2006/10/06 22:33
◎ろばさん
私は昔から弾き語りが大好きで、子供の中で誰か一緒に歌ってくれる者は居ないかなと思っておりましたが、結局、佐智子だけのようです。佐智子は、もちろん出鱈目な弾き方ですが、それでも楽しそうに弾き語りをしますよ。
そうですね。親を育ててくれますよね。随分と佐智子に育てられた気がします。
さっちゃんパパ
2006/10/06 23:35
◎mayさん
「ひっつきぼう」って言いますと、棒の事ではなくて、草むらを歩いた後に、ズボンやセーターにいっぱいひっついてくる草の種の事なんですよ。つまり、佐智子が「ひっつきぼう」なんです。方言なので説明を入れておくべきでしたね。
普通は、ひっつくと煩わしくて、すぐに引き剥がす「ひっつきぼう」なんですが、佐智子の「ひっつきぼう」は可愛くて、思わずアクセサリーにしてしまいそうです。
mayさんの言われるように、私だけでなく、色んなひっつける人が見つかって欲しいと思います。そうなれば、佐智子の人生、とっても幸せになりますね。
さっちゃんパパ
2006/10/06 23:40
さっちゃんパパ、お仕事がお忙しいんですね。でも、さっちゃんはパパのそばにいられたら安心なんでしょうね。うちも同じように私がチイのそばに行ってひっつき虫になっています。
彼女に私は癒されています。
チイちゃんママ
URL
2006/10/07 14:54
◎チイちゃんママさん
そうなんだ。チイちゃんの家ではママがひっつき虫なんだ。
実を言うと、布団の中では私もひっつきぼう(虫)になっておりますよ。
可愛いですよね。
さっちゃんパパ
2006/10/07 16:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ひっつきぼう ぼくと佐智子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる