ぼくと佐智子

アクセスカウンタ

zoom RSS おしくら饅頭

<<   作成日時 : 2006/10/09 20:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

画像


三連休。

本当は、佐智子とお出かけしていた筈でした。

ところが、ちょっと事情が変わり。

遠くに行けなくなりました。


そこでせめては・・・お外でご飯。

「さっちゃん?お腹ペコペコ?」・・・お父さん。

「うん。」

頷きながら、急に、お腹を押さえる、佐智子ちゃん。

「じゃあ、食べに行こうかね?」・・・と、お父さん。

聞くが早いか、佐智子は玄関・・・まっしぐら。


皆で、車に乗り込んだ。

父さん、母さん、佐智子に・・・二人のお姉ちゃん。


あきらは部活で学校でした。



お出かけ嬉しい佐智子ちゃん。

お姉ちゃん達に挟まれて

おしくら饅頭始まった。



「さっちゃん!狭いやないね。」と、一番上のお姉ちゃん。

「そうよね。狭いやないね。」と、二番目のお姉ちゃん。


押されて嬉しい・・・佐智子ちゃん。

キャッキャッと騒ぐ・・・三人姉妹。



そんなやりとり続いた後に

佐智子が大きな声で・・・歌いだす。

負けじと、お姉ちゃん達も・・・歌いだす。

三人揃って・・・大合唱。



佐智子は佐智子の言葉で・・・歌います。

何とも不思議なハーモニー♪

三人姉妹のハーモニー♪


バックミラーに笑顔の姉妹。

顔を見合しニッコリ笑顔の・・・父さん、母さん。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

連休の真中に、一番上のお姉ちゃんの彼がお家に来る事になったのです。なにせ、我が家では初めての大事件。

さっちゃんママと結婚した時には、それぞれの母親は既に他界。一番上のお姉ちゃんが生まれた翌年には、さっちゃんママの父親が他界し、ほとんど二人だけで四人の子どもを育ててきた家庭です。
結婚式も上げず、家財道具はさっちゃんママが看護師寮で使っていたコタツと布団だけ。それが、今では、こんなに大きな荷物となりました。けっして裕福ではないけれど、心は豊年満作一家です。

ある意味、我が家は一卵性家族。子供達が、これからどんな人生を送るのかは解りませんが、心のどこかでは、いつも繋がっている家族なのではないかと思います。

もちろん、その家族の中心は・・・いつも佐智子なのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログのお友達、kazuさんにとっても良いサイトを紹介いただきました。勉強嫌いでパソコン好きな佐智子にはぴったりでした。皆さんに是非、ご紹介したいと思います。開いてみてくださいね。
http://kanza.qee.jp/kakikata.htm

このサイトで、佐智子はとても楽しんでます。同時に、佐智子がどれくらい言葉を理解しているかも良く解りました。Kazuさん、有難うございました。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
おねえちゃん彼連れてきたんですね〜
そんなお年頃なんだ〜パパの気持ちは複雑ですね〜結婚〜
お食事さっちゃんみんなで行き 喜んだでしょ〜最後の休日♪
りんりん
2006/10/09 21:06
家のたっくんにも十分仕えそうなソフトが一杯。今度遊びながら使ってみましょと思いました。
お姉ちゃんの彼ですか。どんな会話が交わされたのか色々めぐらしてしまいました。
家のほーたにはまだ先とは思っていますが、なんとなく想像してしまうことがあります。どんな人でしょうね。いい人であることを祈るのみの私です。
チハル
2006/10/09 21:33
あら、彼さんがいらしたのですね。皆、ワクワク、ドキドキされましたか?
さっちゃんの下の写真、すっごい美人さんに写ってます!!!この写真、すごくいいですよ♪♪小学生に見えないくらい!
そら
2006/10/09 22:23
何々?お姉ちゃん結婚話しですか??
きゃぁ〜〜私の方がドキドキしてしまいます◎
3姉妹とママさんに囲まれてのデートはこの上ないご気分だった事だと思います(^^)
eikomanma
2006/10/09 22:31
◎りんりんさん
一番上のお姉ちゃんは、福岡から広島に引っ越して来て、学校で苛めにあったり不登校から引き篭もりになったり、悲しい想いを沢山した娘です。例え、どんな形であろうと、この先、悲しむ事の少ない人生を送って貰えればと思ってます。
佐智子は喜びましたねえ。本当に小さな幸せを感じた一日でした。
さっちゃんパパ
2006/10/09 22:58
◎チハルさん
本当によいサイトだったでしょっ?
kazuさんのお陰です。
お姉ちゃんの彼氏は、まだまだ子供ですが、素直で優しい男の子のようです。まあ、今からですね。
さっちゃんパパ
2006/10/09 23:00
◎そらさん
有難う御座います。
早速、佐智子に伝えておきます。
もっとも、佐智子は世界で一番可愛いのは自分だと思っているようなので、当たり前のように思うかもしれませんが・・・(笑)
さっちゃんパパ
2006/10/09 23:01
◎eikomanmaさん
娘の事なのに、何故か、さっちゃんママと出会った頃の事を思い出し、昨夜は、さっちゃんママとお姉ちゃんと三人で、その頃の話をしました。
さっちゃんママに、私とさっちゃんママの亡父との会話を思い出して話してあげると、さっちゃんママの目に涙。さっちゃんママの亡父は目の不自由な方でした。その亡父に手をとられ、「○○を頼むぞ」と言われた事を、今まで話してなかったんです。
親子って、いいですね。
さっちゃんパパ
2006/10/09 23:06
ホント、さっちゃんパパさんの一家って「温かい」ですねぇ。お会いした事がないのに、なぜか微笑ましい車の光景が、見えるようです。
お姉ちゃん、そろそろパパさんから旅立とうとしてるのかなぁ・・・
家族が旅立つ事は、少し寂しくもありますが、幸せの第一歩ですね。
お姉ちゃん、お幸せに♪
はじめくんママ
2006/10/09 23:27
心は豊年満作一家! 
いい言葉ですね〜♪
ほんとにさっちゃんちはその通りですね。
きっとママさんは明るい太陽のような人で、
パパさんもママさんをお嫁さんにした日から
ずーっと変わらない愛で守ってきたのでしょうね。
昨今、変わってしまう夫婦が多いようですけれど
二人が変わらないからこそ
実り多い豊年満作になるのですよね〜。
うふ、ごちそうさまっ。
姉妹の楽しげな様子、私も幸せな気持ちに
させていただきました。
ママさんのお父上との思い出話には
私も涙させていただきました。
これからもすてきなご家族にカンパ〜イ。
tiisai-ningyo
URL
2006/10/10 09:21
さっちゃん一家はどこにお食事に行ったのかな?
お姉ちゃんたちとのおしくら饅頭。真ん中のさっちゃんが一番大喜びですね。そういう光景が、さっちゃんパパさんにとって幸せな時間なんではないでしょうか?
お姉ちゃん、結婚ですかぁ〜!?
さっちゃんパパさんの『お姉ちゃんの彼氏は、まだまだ子供です』の言葉になんかパパとしても気持ちが入っているように感じますが^^
お姉ちゃんの小学校の時代は色々あったんですねぇ〜。そういう意味では、幸せになってほしいし、いい家庭も築いてほしいですよね。
ささ
2006/10/10 16:09
お姉ちゃん彼氏連れてきたんですね^^
 いやあ・・家はまだ家にはつれてきてないですが・・この前娘を迎えに行った時会ったんですが、すごく、礼儀正しい子でした。
 でも・・・家の旦那娘が彼氏家に連れてきたら、どんなかおするかなぁ〜〜?
なんか想像すると楽しい?です^^;
 
 追伸・・・紹介してくださってありがとうございます。皆さんに喜んでいただけたら、嬉しいです。さっちゃんパパ感謝してます。
ほんま、おおきにです♪
kazu
2006/10/10 16:39
さっちゃんファミリーは、いっつも仲睦まじくて、ほんっといいですね〜!!
家族の中心さっちゃん!とっても大事な役割をはたして、えら〜い!!
話が変わりますが、
お姉ちゃんの彼氏さんが来られたのですか??
パパさんの心境は、いかがなものでしたかな?
これからまた楽しみですね〜!!

あと!
さっちゃんパパさんのところから、さささんがいらしてくれましたよ〜!
うれしかったです。
涼和pa&ma
2006/10/10 22:54
◎はじめくんママさん
有難う御座います。私達の家族は、今まで決して順風満帆と言うわけでもなかったのですが、むしろその事で、目の前の幸せに気づく事が出来るようになったと思います。喜べる時に、幸せを感じる時に、それを見逃さないように気をつけているんですよ。
私は、子供はドンドン旅立って欲しいと思っているんです。それで親の役目は終わると思ってますからね。
さっちゃんパパ
2006/10/11 09:00
◎tiisai-ningyoさん
有難う御座います。
私達の夫婦は、それぞれが円満な家庭で育ったわけではなく、お互いが家庭の崩壊に恐れを感じているのだと思います。それにもまして、お互いの足りない部分や気づかない部分を補い合って行かないと、他に誰も頼る者が居ませんでしたからね。
ママの亡父の想いをしっかり受け止め、これからも頑張って生きて行きたいと思います。
さっちゃんパパ
2006/10/11 09:07
◎さささん
そうですね。親として、子供の笑顔ほど幸せに感じる事はありませんよね。お姉ちゃんは、いっぱい悲しい思いや辛い想いをした子ですから、これからは出来るだけ幸せに生きて欲しいと思っています。
さっちゃんパパ
2006/10/11 09:10
◎kazuさん
男親は娘のガードマンみたいなものですからね。
ご主人が、その彼と会ったら、どう反応するのでしょうね。でも、最終的には娘の幸せを1番に願っているのは同じだと思います。

あのサイトは本当に喜んでます。また、何か良いものがあったら教えて下さいね。
さっちゃんパパ
2006/10/11 09:15
◎涼和pa&maさん
ふっと気づいたら、同じ静岡だったので、さささんにご紹介したのです。さささんとはmixiで知り合ったのですが、優しくて楽しい方ですよ。私からも宜しくお願いします。

家族の中心が母親なら、家庭のムードメーカーは父親だと私は思っています。父親次第で、家庭内は明るくも暗くもなると思います。その点、paさんは百点満点。酒量だけはお気をつけあそばせ。
さっちゃんパパ
2006/10/11 09:21
一番上のお姉さんが彼氏を連れて来られたのですね!!さっちゃんパパさんもドキドキされたのでしょうか・・・
佐智子ちゃんもお姉さん達との外出を楽しんで過ごしたのでしょうね。
さっちゃんパパさんも結婚式を挙げていらっしゃらないのですね。理由は違うかもしれませんが、私達夫婦もなんです。それに結婚するから・・・といって、購入したものもそう多くなく、お互いが持ち寄って生活してた・・・みたいな感じがあるんです。なので家族が増えることで家の中の物が増えていく感じ、なんとなく分かる気がします。幸せですよね!

ゆきゆき
2006/10/11 09:43
ネットサーフィンで、偶然立ち寄れました。私も、ダウン症の父親で、ブログをやっています。
なかなか、パパのブログがなく、探していたところです。良かったら、ブログ見に来てください。
これから、よろしくお願いします。
Raika-chan
URL
2006/10/11 18:17
◎ゆきゆきさん
本当に共通点が多いですね。
与えられた物ではなくて、二人で、そして家族で築き上げて行く満足感がありますよね。幸せです♪
さっちゃんパパ
2006/10/11 20:47
◎Raika-chanさん
ようこそ、いらっしゃいませ♪
確かに父親のブログは少ないですよね。
私も仕事の合間の僅かな時間に続けていくのは至難の技なんですが、今は、仕事と同じくらいに私のライフワークになりつつあります。
早速、伺ってみます。こちらこそ、宜しくお願いします。
さっちゃんパパ
2006/10/11 20:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
おしくら饅頭 ぼくと佐智子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる