ぼくと佐智子

アクセスカウンタ

zoom RSS 三瓶を走る

<<   作成日時 : 2007/04/08 10:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像


「よ〜い!ドンッ!」

自分で号令かけながら

佐智子が走る

三瓶を走る

春の日差しを・・・受けながら

草の香りを・・・嗅ぎながら



「とうさ〜ん♪ おいでぇ〜♪」

佐智子に呼ばれた・・・お父さん

一緒に走る

三瓶を走る

佐智子の姿を・・・追いながら

佐智子の声を・・・聞きながら



佐智子は自然が・・・よく似合う

三瓶の自然が・・・よく似合う


三瓶は和牛の生産地

今日は佐智子を放牧です

画像
















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


昔からのお客様が体調を崩され、地元の施設に入院されたと聞き、島根県へ行きました。

以前から、佐智子と二人で回りたいと思っておりましたので、今回は丁度よい機会となりました。

三瓶は不思議な山です。心が晴れない時、迷いのある時に訪れると、なぜか気持ちが落ち着くのです。

そんな三瓶に佐智子の笑顔がぴったりフィット!

生きる事の大切さ、生きている事の喜びを再確認できた一日でした。


画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
さっちゃん島根にようこそ〜♪♪(といってもお隣の県ですが)いつもさっちゃんの笑顔に癒されてます。いつか何処かで会えたらいいね。ピース&ピース
ruru9
2007/04/08 16:15
さっちゃん 広ーい所で 思いーっきり走って 気持ち良さそう。

うちのお姉ちゃんは30歳。
今まで何人かのお友達との悲しいお別れがありました。歩けないお友達もいましたから 先生の弔辞の中の「今まで出来なかった分 天国で思い切り走り回ってください」という言葉が心の中にいつまでも残って消えません。

さっちゃん 元気いっぱい 思いっきり走ってね。
kitakazeおばさんも そこに行きたいなあ。おばさんは走れなかったら寝転んでもいいかな?
kitakaze
2007/04/09 10:26
広〜い野原に解き放たれたさっちゃん。
ホントに気持ちよさそうです♪
こちらまで爽やかな風が吹いてきそう!!
さっちゃんパパさんも、素敵な場所をたくさんご存じですね。

与えられた人生を精一杯生きること。
それが、あーたんの人生に応えることでもあるのだろう、と感じてます。
ろば
2007/04/09 11:01
◎ruru9さん
あれ?ruru9さんは島根県ですか?私にとって島根県は特別な場所です。山といい、海といい、とても自然が素晴らしい。それだけでなく、人がとても親切で、いつ行っても故郷へ帰ったような気にさせられます。その温かい島根県は、佐智子を連れて、いつも遊びに行ってます。いつかお会いできるといいですね。
さっちゃんパパ
2007/04/09 19:58
◎kitakazeさん
気持ち良さそうでしょう?この三瓶の山は、四季折々の変化がとても美しく、しかも、この地域の人柄がそう思わせるのか、とても優しく包んでくれるような気持ちになるのです。
身体が不自由でなくても、心が不自由な人には、この素晴らしい自然の素晴らしさが気が付かないと思います。もし、良かったら、お嬢さんに、この佐智子の様子を見せてあげてくださいね。きっと、お嬢さんには解って貰えると想いますよ。
さっちゃんパパ
2007/04/09 20:05
◎ろばさん
この前は、せっかく広島に来られる連絡を頂いたのに申し訳ありませんでしたね。本当にごめんなさい。
きっと、こうして、三瓶を佐智子が走り回るのを、お空の向こうから、あ〜たん♪は笑ってみてくれていたと思います。ろばさんの言われる通り、与えられた人生を精一杯に生ききることが、あ〜たん♪の人生に応えることになるのでしょうね。
さっちゃんパパ
2007/04/09 20:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
三瓶を走る ぼくと佐智子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる