ぼくと佐智子

アクセスカウンタ

zoom RSS 巾着袋

<<   作成日時 : 2007/05/07 23:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像


いつものように・・・佐智子は、学校行きました

突然、母さん・・・言いました

「あっ!父さん・・・今日は仕事やったかねえ?」

「うん、出るけど?」・・・お父さん

「学校に、これ持って行ける?」・・・お母さん。



それは佐智子が忘れた・・・巾着袋

給食当番の袋です。



「うん。わかった。」・・・お父さん



巾着袋を手に持って

父さん向かった・・・たんぽぽ学級



広い教室・・・生徒は四人

横一列に・・・机を並べ

四人の前に・・・先生ひとり


父さん、会釈しながら・・・ご挨拶

「さっちゃん。お父さんよ。」と、気付いてくれた


「あ〜♪おとうさぁん♪」と、佐智子ちゃん

顔中にっこり・・・振り向いた

口尻キュッと・・・上にあげ

好き好きビームを・・・目から出す


白い巾着受け取って

にっこりさっちゃん・・・机にもどる

「さっちゃん♪頑張ってねぇ。」と、お父さん

「は〜い♪」と、お返事・・・佐智子ちゃん



佐智子はにっこり・・・お勉強

心の中でも『頑張れよぉ』・・・と、お父さん



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この時、先生から小声で聞かれました。「今日は、ゴールデンウィークの間、何処に行ったか書いて貰おうと思っていたのですが、何処かへ行かれましたか?」
「フラワーフェスティバルと動物園です」と答えました。

そうなのです。言葉の遅い佐智子は、まだ昨日何処に行ったのか、今日何をしたのかを人に伝える事が出来ません。今、それが佐智子の課題です。


佐智子の好き好きビームの可愛い目、それにキュッと上がった口尻に、どこか懐かしさを感じた、さっちゃんパパでした。

その目も口元も、昔のさっちゃんママには、ありました。ウン十年前には、ありました。いつの間にやら月日は流れ、あの目の輝きは何処へやら、表情筋の力も失せて、口尻日増しに下がり気味。

きっと、母さん言うだろう「こんな私に誰がした!」・・・合掌

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
この日記みたさっちゃんママのコメが見たいささ!って意地悪ですか?(笑
その子その子に課題はありますね。
さっちゃんは昨年本当に目でわかる大きな成長したようにささは感じました。
今年もさっちゃんパパの課題をクリアーしてくれると思います。
苦労もあるけど、本当に楽しみな子達ですよね。
好き好きビームにやられて、メロメロさっちゃんパパだったのかな?
ささ
2007/05/08 05:54
◎さささん
ママが見ないと解っているから書けるのでございます。もしも見たらと考えるだけで、背筋がス〜ッとしてまいります。くわばらくわばら。

課題が見つかれば、後はどうやればいいかと工夫が出来ますからね。時間はかかりますが、必ず進歩してくれますから、出来た時の喜びは格別ですね。

もちろん、その佐智子の可愛い笑顔を思い浮かべながら、一日を楽しく過ごせましたよ。
さっちゃんパパ
2007/05/08 08:06
さっちゃん あなたのお父さんは
「さっちゃんのためなら何でもするぞ!」の細胞で出来てるみたいだよ。
いつの間にか新しい家族が増えて笑顔も増えて、もうすぐもう一つの命が誕生するって、さっちゃんの周りはハピハピハッピー!うれしいね。
さっちゃんパパさん ママさんのあの日の輝きは今までの幸せな日々の中に一つずつ置いて来たのかも知れませんよ。
うちの亭主がよく言います。「お母さん年とったなあ」と。「お互いにね」と返します。
もうあの頃には戻れないのです。
残念!!
kitakaze
2007/05/08 10:56
◎kitakazeさん
いつも詩的な表現のコメントをありがとうございます。kitakazeさんは、きっと文学少女だったんでしょうね。
佐智子だけでなく、家族のためなら何でもする気持ちは持ってます。ただ、佐智子にはちょっと特別かも知れませんね。

男が「年とったなあ」と言う時は、決して「嫌になった」と言うことではなくて、どちらかと言うと「お前が若い頃、とても綺麗だった事を俺だけは知ってるよ。苦労かけたなあ。」と言う気持ちのほうが強いんですね。でも、口から出る時は嫌味のようになっちゃいます。大変申し訳ないと思っております。ご主人に成り代わりまして、お詫び申し上げる次第にございます。
さっちゃんパパ
2007/05/08 20:32
さっちゃんパパさん恐縮です。
ここでちょっと訂正です。
ママさんは 今までの幸せの日々を心の引き出しに一つ一つ大事にしまいこんで来たのです。
今は今の輝きが...見えませんか?
ほら 見えたでしょ!
私もおんなじ!...のつもり...?
kitakaze
2007/05/10 09:56
◎kitakazeさん
見えます見えます。確かに見えますよ。
若い頃にはなかった皺やシミも、私には立派な輝きに見えますよ。
男も女も同じかも知れませんが、歳を重ねるほどに魅力ある人間になりたいものですね。
さっちゃんパパ
2007/05/10 23:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
巾着袋 ぼくと佐智子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる