ぼくと佐智子

アクセスカウンタ

zoom RSS 下を向く

<<   作成日時 : 2007/09/07 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

画像


今でも佐智子は・・・お風呂は父さん



いつものように、色々お話・・・した後に

「佐智子。父さんねえ。明日からねえ。また朝早くお仕事行って、夜遅く帰るからね。佐智子の携帯に電話するからね。わかったぁ?」と、お父さん。

佐智子は黙って・・・下を向く

表情無くして・・・下を向く



佐智子の頭を両手で包み

まっすぐ向かせた・・・お父さん。



「おかあさんも、あっくんも、お姉ちゃんもミーちゃん(孫姫)もおるからね。だいじょうぶよ。」と、お父さん。



ほんの少し・・・首ふって

やっぱり佐智子は・・・下を向く



大きな声を・・・出すでなく

駄々をこねる・・・訳でなく

涙も流さず・・・下を向く



佐智子のおでこに唇つけて

「父さんは、佐智子といっしょ!!ずっといっしょ!!」と、お父さん。


それでも佐智子は・・・下を向く



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌朝、五時半に目覚ましの音に目を覚まし、ゆっくり起きると、佐智子が私の足首を掴んでおりました。普段は、いくら起こしても、なかなか起きないお寝坊さんが、しっかり目を開けていたのです。

そんないじらしい佐智子を振り切るように、仕事に出かけ、約束通り佐智子に電話をかけました。

「おはよう、佐智子。父さん、今からお仕事行ってくるけえね。佐智子も学校がんばってね。」

嫌がる佐智子を、しぶしぶ承諾させました。

夏休みの間、私の仕事場にも連れて行ったり、私と一緒の時間が多かったせいもあったのだと思います。
思うような言葉が出ない佐智子には、じっと黙って下を向く事が精一杯の自己表現でした。

私も佐智子も、しばらくの辛抱なのです。

画像


















音楽の話 6・・・正にALWAYSの時代に生きた、さっちゃんパパは、音楽をラジオや映画、そしてレコードから吸収しました。昔は蓄音機、やがてレコードプレーヤーが発売され、レコード盤もモノラル盤からステレオ盤へと移り変わって行きました。十二・三歳の頃だったでしょうか。スピーカーが二つ付いたステレオ・ポータブルプレーヤーなる物が我が家に届きました。そのプレーヤーとレコード盤を抱え、悪餓鬼仲間の家へ行き、縁側で一緒に聞きながら「ほら見てみぃ。こっちとこっちで音が違おうが。やっぱ、ステレオやのお。」と他愛の無い関心をした物でした。
ちょうど、色気づき始めた頃でもあり、何度も何度も聞いた曲。それがシルビィー・バルタンの曲でした。

暑い夏の日には、近所のオバちゃん達はシュミーズ一枚で涼んでいるような、のんびりした時代でした。その頃に、このシルビィー・バルタンの容姿と歌声は、悪餓鬼達には衝撃的でございました。レコードを聞きながら「・・・ドシー♪」と、みんなで真似ていたものでした。

私が今日、美脚フェチ気味なのは、きっと彼女のせいだと確信しておる次第でございます。

どうぞ、お確かめくださいませ。
http://www.youtube.com/watch?v=LBSI2KNiIbQ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
フレー フレー さっちゃん!
できるだけたくさん、お父さんと一緒にいたいんだもんね。でもお仕事だから仕方ないもんね。
分っているけど、やっぱり寂しいんだよね。
だから、さっちゃんの堪え切れない気持ちがぎゅっと詰まった「下を向く」になるんだよね。
ガンバ ガンバね、さっちゃん!

さっちゃんパパさんは 子供の頃から外国曲にふれていたんですね。前回のナット・キング・コールも、今回のシルビー・バルタンも、名前だけは聞いたことがあるぐらいで、あまり知りません。
レナウンのCMを歌っていたのが彼女だったとは驚きです。はい 確かに美脚。羨ましいです。
kitakaze
2007/09/07 10:47
始めまして、サイトをいろいろ見ていて
遊びに来ました。
さちこちゃん、とっても可愛いですね〜
我が家にも小一の娘がいますが、
さちこちゃんの登校、後姿うちの娘に似てます
(*^_^*)。私も登校しているときベランダから洗濯ほしつつ毎日手を振っています。さちこちゃんも大好きな家族に囲まれて楽しそうですね〜♪
そして、そして、たぶん我が家はさちこちゃんの家から車で5分もかからないところに住んでいると思います。最初は学校のリンクが張ってあったのでそれを見て気付きました。建物も近くのあの大きな建物見たことがあります。ビックリしました。こんな私ですが(*^_^*)これからもよろしくお願いします〜(^v^)
ととろ
2007/09/07 14:20
大変ご無沙汰しています。
久しぶりに拝見させていただきました。
さっちゃんのプール。気持ちよさそう・・・。
なんか、昨年は一番上のお姉ちゃんも一緒にいっていたよなぁ〜?なんて思って読んでいました。夏も終わりですね。
我が家も先日光陽と浮き輪を片付けました。

お仕事・・・多忙で何よりですがやっぱりさっちゃんのさびしいお顔はさびしさが増しますね。でも、お仕事がんばってください。
ささも、実は転職するのバタバタですが、将来の光陽の為に小銭を貯めるため、頑張ります!
ささ
2007/09/10 03:01
お久しぶりです。久しぶりに来て見たら、更新があって嬉しく、つい、書き込んでいきますね。

先ず、いろいろあったみたいですが落ち着かれたみたいで良かったですね。実は我が家もいろいろあって、悩みに悩んでおりました。なんど、メールしようかと思ったりもしました。今回のいろいろの悩みと言うのは、旦那のことを嫌になったとか、そんなものではなく、さっちゃんのパパと同じように公開の(ブログで)出来ない内容で気心しれた友人にさえ打ち明けることの出来ない深刻なものでした。でも、さっちゃんのパパさんから当初激励でいただいた書き込み、メール等にあった言葉を何度か思い出しそれを支えにしたこともあり、もう一度原点に戻ってやり直すことに致しました。
ファンタジア
URL
2007/09/10 11:04
(続き)
長女(中二)が言いました。『りこたんは平和主義者だよ』と。私自身も終戦記念日にダウン症で生まれたりこたんが平和の使者だと生まれたときからそう思っていました。りこたんは夫婦や親子が言い争う大きな声を聴いただけで泣き出します。歌ったり大声で笑ったりと言うようなボリュームではなんでもないけど。りこたんが何か出来るようになると家族全員で大喜びします。ちょっとした芸のようなことをするとみんな拍手をして笑顔になります。りこたんは争いを好みません。そして家族をいつもひとつにしようとがんばってくれています。
きっとさっちゃんちのさっちゃんも大家族をまとめる中核になっていることと思います。私も、さっちゃん、さっちゃんパパ、そしてりこたんを見習って、仲良く生きていきたいなとそう思います。

わたしも多忙を極めているので立場は違ってもさっちゃんパパの気持ちが良くわかりますが、でもお互いの生活や夢の実現のため、またそのことで子供も成長しますから、がんばりましょうね!
ファンタジア
2007/09/10 11:05
◎kitakazeさん
いつも応援ありがとうございます。
言葉が沢山話せたら、色んな事が言えるのでしょうが、言えないだけに余計に気持ちが伝わってくる気がします。これからも応援宜しくお願いします。
さっちゃんパパ
2007/09/10 23:49
◎ととろさん
はじめまして、ようこそいらっしゃいませ。
ご近所の方からの書き込みは初めてでございます。近所のせせらぎ公園付近やフジグラン、天満屋などはしょっちゅう出歩いておりますので、佐智子を見かけましたら、どうぞ声をかけてあげてくださいませ。本人は、ポカンとしているかも解りませんが、悪気はありませんので宜しくお願いします。
何か嬉しいような恥ずかしいような気持ちでございますが、今後とも末永く宜しくお願いします。
さっちゃんパパ
2007/09/10 23:54
◎さささん
そうですねえ。更新が滞るだけでなく、お友達の所へも暫く伺ってなかったりして、久しぶりに伺うと時の流れを感じますねえ。この前、赤ちゃんだった子が、もう随分と大きくなってますからねえ。

さささんの愚痴話も久しく拝見しておりません。近い内にお邪魔したいと思います。
さっちゃんパパ
2007/09/10 23:58
◎ファンタジアさん
お久しぶりです。ファンタジアさんの所も大変だったみたいですねえ。我が家は何とか丸く収まりつつあります。
ファンタジアさんは頑張りやさんだから大丈夫だと思うけど、ご自分を責め過ぎるような気もするので、少し心配です。人に話せば楽になる時もありますから、もしもの時は、メールでも何でも送ってくださいね。確かに多忙ですが、それくらいの時間はありますからね。
佐智子もそうですが、ダウンちゃんは本能的に雰囲気を理解しているような気がしますよね。佐智子のお陰で救われた事は何度もあります。そして、今は孫姫も居ます。彼女達二人の笑顔のお陰で我が家はとっても明るくなりました。ファンタジアさんのご家庭には三人の可愛い姫様がおりますから、ますます明るい家庭になると思います。
まだまだ、この先も色々な事があると思いますが、お互いに頑張りましょうね!!!
さっちゃんパパ
2007/09/11 00:10
遅ればせながら・・・最新の記事の方にコメント入れようと思いながら、シルヴィ・バルタンのコケティッシュな魅力に、若き日のさっちゃんパパさんを思い、つい、書き込んでいます。ステレオの音に初めて出会った時の感激、大人になりかけの頃のときめき、そんなものをいっぱい感じました。思わずフランス語の歌詞まで真似して歌ってしまう少年たちの姿を想像して、ほほえんでしまいます。
そんなみずみずしい感性も今も失わないさっちゃんパパだからこそ、佐智子さんの(私もこう呼びますね)気持ちも痛いほどわかるし、だからこそ佐智子さんもパパさん大好きなのですよね。佐智子さんにとって、そういう存在が身近にいてくれるということは、とても幸せですね。改めて思いました。その分、離れているのは、つらいでしょうけど。黙って下を向く姿を見たら、パパさんもつらいですね。でも、それだけ心がつながっているということだから・・
カメ
URL
2007/09/15 07:02
◎カメさん
ありがとう。佐智子のことを佐智子さんと言ってくれる、カメさんの思いやりに感謝です。
実は、最近、ブログの内容に迷いを感じています。佐智子も、そろそろさっちゃんから卒業かなと感じているからです。ただ、目の前の佐智子はやっぱりさっちゃんなんですけどね。
これからの佐智子の成長を一緒に見守ってくださいね。
さっちゃんパパ
2007/10/05 19:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
下を向く ぼくと佐智子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる