ぼくと佐智子

アクセスカウンタ

zoom RSS 今だけ

<<   作成日時 : 2008/05/24 23:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像


「とうさん。あきらが修学旅行やけ、これコピーとってくれん?」と・・・おかあさん

手には健康保険証

「うん。わかった」と・・・おとうさん



保険証手に取り・・・開いてみると

少なくなった・・・家族の名前

とうさん、かあさん、あきらと・・・佐智子

確かにこの頃・・・少なくなった

洗濯物と・・・靴の数



長女は嫁行き・・・ミホノのママに

次女は就職・・・近くに転居

六人家族も・・・四人となった



「なんか、寂しくなったのお」と・・・お父さん

「最後は、佐智子と三人やね」と・・・お母さん



さっちゃんママが・・・言っていた

十年前に・・・言っていた



『子供と一緒に居れるのは、今だけなんよ。今、しっかり味わっておかんとね』



本当にそうだと・・・今さら想う





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真は、さっちゃんママが先日送ってくれた写メールです。『次女のN子の洋服を買うために、市内のミホノママを迎えに行って、佐智子とミホノも連れて出ています』と送ってくれました。

みんなの笑顔が垣間見られ、幸せ気分の父さんでした。


*音楽の話25・・・随分、前の記事で松山千春さんの「生命(いのち)」をご紹介しましたが、その動画がありました。画面は松山千春さんではありませんが、その歌詞をじっくりとお聞きください。
初めて聞いた時は、二歳の佐智子が私の腕の中で眠っていました。他には誰も居らず、テレビで松山千春さんが弾き語りで歌っているのを聞きながら、思わず涙しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
mixiの私のところに、お立ち寄りいただいて、コメント入れていただいて、嬉しかったです。

私は、最近になって、主人が死んだ後や、なぜか、先に行くと思ってます。私の死んだ後の事を考えます。

今、これを書きながら、自分の意見をまとめたいのかもしれませんが。

子供が、一人になったときの事を、明るい気持ちになって考えられるようになっています。

これは、本当はすごい事ですよね。

残った一人娘に、それまでに、後どのくらいの歳月があるのかは、神様だけがご存知ですが、近いとは思わなくても、いつかは訪れる事だと認識しています。

何を残してあげられるか、それまでに、何をすればいいのかと、先へ先へ考える癖がついています。
さくらんぼう
2008/05/25 06:16
さっちゃんパパさんは宝物がいっぱいあって良いなあと思います。4つの宝にまた宝が増えて う〜ん羨ましい。
うちはもともとは4人暮らし。1人結婚してまさに3人暮らしです。初めはちょっと寂しかったけど 今思うと・・・あんまり変わらないかな?

音楽の話
こんな歌もあったんですね?
障害児を持った親はよく言います。親亡き後 この子はどんな人生を歩むのだろうか。この子の一生を見届けてからでないと安心して死ねないと。
この歌 私達の気持ちそのままです。
kitakaze
2008/05/26 01:57
ご無沙汰しておりました。私も少しばかり仕事を始めて、自分のブログの更新もやっとやっとで、なかなかあちこち訪問もできずにおりました。今回まとめ読みさせていただき、さっちゃんのこのところの成長ぶり、そしてミホノちゃんの大きくなるスピードの速さ、家族のあり方の変化など、どんどんさっちゃんパパさんのまわりも変化していることを、強く感じました。変わらないのは、パパさんの、さっちゃんへの熱い思いですね。
松山千春さんの声が好きで、一時期よく聞いたこともありますが、この歌は、初めて聞きました。ほんと、子どもを想う気持ちを、代弁してくれていて、胸にしみました。毎回素敵な歌の紹介を、どうもありがとうございます。ジョン・デンバーも大好きだったので、ますますパパさんファンになりそうです。
カメ
2008/05/28 05:34
◎さくらんぼうさん
さくらんぼうさんだったら、沢山の物を残してあげられる事でしょうね。
私は、とりあえず、父さんや母さんにいっぱい愛された記憶を残そうと思って頑張っています。
さっちゃんパパ
2008/05/28 22:20
◎kitakazeさん
ありがとうございます。子供達の笑顔が何よりの宝物だと思います。幸せだと想う瞬間です。

ちょうど、そんなことを考えていた時にテレビの向うから流れて来たので、びっくりしながら泣けてきました。本当に、みんな同じ気持ちでしょうね。
さっちゃんパパ
2008/05/28 22:22
◎カメさん
私も、しばらくブログをお休みしていましたが、ファンタジアさんからメールを頂いたり、色んな方からコメントも頂いて再開しました。仕事の都合で、前ほど時間がとれず、皆さんの所へ訪問できないのが心苦しいです。
でも、やはり細々でも続けるべきだと思い、更新だけはしています。
これからも頑張りますから、よろしくお願いしますね。
さっちゃんパパ
2008/05/28 22:26
ぱぱさん、いやみだなあ。

私たちも、姫君に一杯愛情を持ち続け、うちのパパ等は、娘に拒否され始めて、かわいそうなくらいですが、私が、スパルタ化しており、パパは、優しくするいいお役が与えられているのですから、良しとしなくちゃ駄目なんですが。
さくらんぼう
2008/06/02 00:06
◎さくらんぼうさん
いえいえ、ちっともいやみで言ってるのではありませんよ。

親として、我が子に対する愛情は同じだと思います。さくらんぼうさんの子供さんに対する想いもヒシヒシと伝わってきますよ♪
さっちゃんパパ
2008/06/11 15:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今だけ ぼくと佐智子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる